蝶の舞う丘「ホームページ一覧」 - 川柳の小部屋 

「風香・心の詩」photo/香枝流カードの川柳

第一弾


a008 あんなこと命かけてた若かった

a016 花の香が眠れと誘うお昼過ぎ

a017 宇宙人と時々思う世代の差

a018 見当たらぬ愛のかけらをまだ捜す

a019 たたいたり温めたりして開けるビン

a020 夏帽子わずかに顔に陰作り

a021 雨の日を待って夫をこき使い

a022 喧嘩しても夫婦一つの船をこぐ

a023 ちょっぴりの秘密の中にある平和

a024 見たことはないけど釣ったという魚

a025 価値観の違う両者の言う正義

a026 大嫌い大好きなのも同じ人

a027 うちの娘(こ)が一人手を振る参観日

a028 ランドセル慣れて来たのか様になり

a029 子沢山すぐに比べてしまう癖

a030 持参した本は睡魔に奪われる

a031 まだタバコやめる理由が見つからず

a032 都合悪いことだけ忘れる物忘れ

a033 じゃあまたと言って終わらぬ立ち話

a034 極楽の下見この世でしてみたい

a035 相談を聞いてて逆に相談し

a036 悩む程周りは気にも留めてなく

a037 想い出をエネルギーにして待つ未来

a039 幸せはたまに来るから幸せね

a040 喜びも悲しさも倍にする満月

a041 喜びは二倍悲しみ癒す満月

a042 幸せをだるまに込めて祈ります

a044 知るよりも「知らぬが仏」は楽でいい

a045 太ること気にせぬ妻が気に掛かり

a046 夢でいい叶えば尚いい夢描く

a047 あの星は君の努力を知っている

a052 顔はパパ頭ママ似で子は悲惨

a053 恐いから二人で開ける玉手箱

a054 黙っててと昨夜の話もう耳に

a055 叶えてとだるまに祈る君の夢

a056 うわさ話伝言ゲームより適当

a057 喧嘩しない思えば顔も見ていない

a058 七転び八起き幸せ運びます

a059 転んで起きてひとつ年輪刻まれる

a060 転んでも最後は起きるだるまです

a061 転んでも起き上がるたび強くなる

a062 転んでは起きて転んでまた起きる

a063 計画を立てた心は旅に出る

a064 実現せぬ目標掲げ早十年

a065 幸せはたまに来るから幸せね

a066 前向きに生きて何でも良しとする

a074 悪いとこ直せばあなたじゃなくなるわ

a075 夢の中いい句出来たがメモとれず

a076 あれもこれもやりかけたまま春は行く

a077 味方にも時には敵にもなる夫

a078 見ていない聞いていないで世を渡る

a079 人生は短いが今日は長かった

a080 円満という二文字にする妥協

a081 近頃はペットまでもがデジタル化

a082 死にたいと言いつつ今日も金勘定

a083 三歳の時を懐かしがる五歳

a084 笑う門三日待っても来ない福

a085 話させて聞かせて自慢に持ち込んで

a086 お互いに「若い」とかばう同級会

a087 何の為来たのか忘れ照れ隠し

a088 「かあちゃん」を幼稚園ではママと呼び

a089 「好き」と言うたった二文字に要る勇気

a090 神様に悪いことまでお願いし

a091 寝ずに待つ子を持て余すサンタパパ

a092 相談と言うが決心してる彼

a093 不細工は寝不足と服のせいにする

a094 大事にする「今は耐えろ」と教えられ

a095 出掛けてく夫に子供つけて出し

a096 さりげなく上手に内情聞いて行く

a097 カタログの人似合ってただけの服

a098 子に託す夢も今ではただの夢

a099 大福はすごい名前がつけてある -香枝流さん作-

a100 スキ・キライ キライ・スキ・スキ日が暮れて -香枝流さん作-

a103 スイッチ消すように消したいこの想い

a104 唄われておやきホンワカ風に乗れ

a106 「頑張って!」何をやるんだ頑張って

a107 使われぬ色鉛筆の白なげき

第二弾


b001 唄われておやきホンワカ風に乗れ 

b009 いい出会いまたいつの日かいい別れ

b011 目標を探してる間にもう卒業

b012 この恋に夜明けはないと知る二人

b013 捨てて来た想い集めて封印し

b014 飾られて達磨ニッコリ福を呼ぶ

b015 返された言葉二人の距離を決め

b016 もう一緒に居たくなくなるまでいたい

b017 悪いとこ直せばあなたじゃなくなるわ

b018 「幸せ」って普通なことと思う今

b019 子供等は親の批判で盛り上がり

b020 下の子が上の子に勝つその瞬間

b021 二度とこない今日この時よありがとう

b022 コンビニの君の笑顔に会いに行く

b023 母親は子への質問まで答え

b024 冷静に親を見ている子供の目

b025 離婚決め二人仲良くローン分け

b026 寂しさに負けまた失敗する結婚

b027 私だってまだまだ咲いてる四十代

b028 聞かされて深みにはまった悩みごと

b029 優しいと誉められ意地悪など出来ず

b030 自分らしく生きてライバルなどいない

b031 「ハイハイ」と丸く合わせて無事に生き

b032 「また会おう」何度言ってるEメール

b033 心配も少し残して受験終え

b034 何にでもすがって頼む受験生

b035 叶えてと達磨に祈る君の夢

b036 体重は標準だけど二段腹

b037 女らしさ女性に伝授するオカマ

b038 三角や四角を丸に入れて住み

b039 過去ばかり見ていて未来まだ見えず

b040 露天風呂肩までつかり聞く話 -香枝流さん作-

b041 噂には聞いてたこれが二千円

b042 大家族ボタンの主が見つからず

b043 ラブレターくれぬ夫がメールくれ

b044 子の悪いところ互いになすり合い

b045 傷口を埋めてくれる人開く人

b046 貧乏も良い味わいのある暮らし

b047 倹約と貯金が趣味のお金持ち

b048 友からのみかん元気という知らせ

b049 お守りが揺れる心を落ち着かせ

b050 おしゃべりが過ぎて出て来るボロの数

b051 気付くのはゴミ出す時間過ぎてから

b052 相談され文句言われたアドバイス

b053 鬼ばばと鬼嫁どおりで馬が合い

b054 百薬と思って飲んでいるお酒

b055 「禁煙はやめた」と強気の弱い意志

b056 受験生らしくないのが居て困り

b057 良い点のはずのテストに裏切られ

b058 冗談と弁解だってする寝言

b059 間違いはあの日のチョコで始まった

b060 接待漬け語呂もいいし美味しそう

b061 やがて来る別れを思い時を待つ

b062 正装した途端お腹も緊張し

b063 欠点も個性と言って誉められる

b064 この財布居心地悪いか長居せず

b065 羽伸ばし過ぎて戻れぬ元のさや

第三弾


c005 定まらぬ心でいつも揺れている

c006 諦めた夢を時々出してみる

c007 三十年待って想いを打ち明ける

c008 幸せが次の不幸を気にしてる

c009 ため息もやはり映している鏡

c010 我生きる今この時を過去にして

c011 頑張らない努力わたくししてみます

c012 いつだって輝いていた頃のまま

c013 見る度にきれいになって離れてく

c014 変わる季節こころも変えてくれるはず

c015 遠回りしようと犬にせがまれる

c016 シャボン玉ほんの一時見てた夢

c017 ケチャップで太陽描いたオムライス

c018 怒ってるより恐い母のやさしい声

c019 夢でいい叶えば尚いい夢描く

c020 幸せをだるまに込めて祈ります

c021 受け取ってくれる笑顔に出す便り

c022 受け取ってくれる笑顔に出す年賀

c023 あの時の「好き」の気持ちに嘘はない

c024 「ちょっとだけ」と言って半日居座られ

c025 黙らせて機嫌をとりに来る夫

c026 大吉を引くのに運を使い切り

c027 お互いに待っていたのね違う場所

c028 ガラス玉喜んだ日もあった君

c029 わざと穴あけて今度は縫えと言う

c030 注意など聞かぬ頭は何思う

c031 おしつけはおの分見栄も入ってる

c032 苦しくてうっかり忘れていた笑顔

c033 地球から戦争のない星探す

c034 子の口が家庭事情を暴露する

c035 「当たり」とあるアイスの棒は捨てられず

c036 東大卒握手して来たクラス会

c037 夜の田の水満たされて鳴く蛙

c038 網戸替えあとは来る蚊を待つばかり

c039 ロボットの話アトムで年がバレ

c040 「おかしい?」と聞かれ「おかしい」とは言えず

c041 ビール腹欲しがる喉につい負けて

c042 口止めをされた話で句にできず

c043 待つ体力ないと行けない大病院

c044 卒業の息子の背には羽が生え

c045 夢破れジューンブライドはただの梅雨

c046 親切に教えてもらい傷付いて

c047 風に乗り言葉を変えて舞い戻る

c048 何度でもやり直したい砂時計

c049 二人にはキラキラ違う星が見え

c050 二回目はあなた許してくれますか

c051 起こさなきゃ昼でも寝てる日曜日

c052 時間ないと言ってる人の寝る時間

c053 幸せを教えてくれた人の愚痴

c054 今日わたし見放されたの幸せに

c055 痩せるぞの言葉はすでに聞き飽きて

c056 様子見て勝った時だけ聞く試合

c057 禁煙がまた不機嫌にさせている

c058 この間と言う十年も前のこと

c059 なぐさめも増えてお互い年を取り

c060 歯磨きをそっと入れ歯に教えられ

c061 私とは違うあなたのはかり方

c062 二十歳まで吸って止めると未成年

c063 寝たふりにまだ気付かないパパとママ

c064 “柿の種”好きなあなたの飲めぬ酒 -香枝流さん作-

c065 持参した美味いワインで場が和み

c066 しばらくはあなたの元で咲いてます

c067 花に雨当たり別れの季節かな

c068 風に身を任せ自然に生きてみる

c068 窓際も住めば都でここと良く

c071 持参した美味いお酒で場が和み

c072 まだ浅い心の傷を埋めておく

c073 生態を知れば全てがいとおしい

c074 離れてからようやく見えた良い所

c075 八月はスイカの縞がよく似合う

c076 叶うって信じて夢を掲げとく

c077 幸せの種を気ままに蒔く仲間

第四弾


d001 マシュマロのせいねと伸びた背に拍手

d002 中で見た景色と違うカゴの外

d003 思い出と貯蓄秤にかける夏

d004 サイフだけ黄色にしてもカラはカラ

d005 若者とやっぱり違う若作り

d006 純粋でどんな色にもすぐ染まり

d007 誉められてまっすぐ育って育ち過ぎ

d008 次々と膨らむ夢の中で生き

d009 子と共に育つつもりで親になる

d010 一日を無事に送って積み重ね

d012 音沙汰はないが元気に違いない

d013 いい夢を見せて去ってく君と夏

d014 好きだったのはこの主人とアルバム見る

d015 四角のチョコわざわざハートにする作業

d016 エリートのイメージ変わる世紀末

d017 一大事ゴルフしている太っ腹

d018 ガラスの靴落とすの忘れたシンデレラ

d020 メール待つ私と迷惑してる彼

d021 迷っても結局いつものお歳暮で

d022 引出しに仕舞った過去に触れてみる

d023 これも修行か良くもならずに生かされる

d024 ゆっくりととける休日パンの上

d025 砂浜にひとつ落としてきたピアス

d026 時々でいいから居たい同じ時

d027 良き思い出色鮮やかに塗り足され

d028 あなたでいいやはりあなたがいい私

d029 明日がある明日があるからあわてない

d030 この胸に入ったままの君が居る

d031 手を掛けていない雑草よく育ち

d032 迷っても結局いつものお中元

d033 シャボン玉ほんの一時見てた夢

d034 だまされぬようにと聞いているニュース

d035 なあんにもしたくないからもうやめた

d036 眼鏡の助けがあれば働く目

d037 左肩にいつもバッグをかける癖

d038 気に入ればどんな椅子でも買うつもり

d039 身は風に任せた明日も風任せ

d040 我が亭主何をおいても釣りが好き

d047 乗り越えた困難の先にある自信

d051 早起きし今日は時間を追いかける

d053 悪人も少しいるので鍵をかけ

d054 客よりも店員さんが目立つ店

d055 見覚えある息子の顔は父の顔

d056 「プロポーズはママからだよ」と話すパパ

d057 前向きに生きて何でも良しとする

d058 この体の中に住んで居る私

d059 うちの子が一番ですと親の顔

d060 「いい骨」とレントゲン見て誉める医者

d061 封印をされて行き場のない言葉

d062 欠点を強調してる紅の赤

d063 ストレスはところどころに置いて行く

d064 夜遊びはおやじ寝てから堂々と

d065 読むつもりがほこりかぶって数ヶ月

第五弾


e002 振り向けばいつでもそこに親の愛

e003 どんな日も黙って笑い丸く生き

e004 遠回りしようと犬にせがまれる

e009 前向きに生きて何でも良しとする

e010 うまくいくと思えばきっとうまくいく

e011 飾られて達磨ニッコリ福を呼ぶ

e012 前向きに生きて何でも良しとする

e013 少しだけ帰ってきてね宝くじ

e014 飾られて達磨ニッコリ福を呼ぶ

e016 幸せをだるまに込めて祈ります

e017 うまくいくと思えばきっとうまくいく

e018 私だってまだまだ咲いてる五十代

e019 それらしい顔と態度でする反省

e020 好きなのは自然と愛と勇気です

e021 ときめいてきらめいている春に酔う

e022 花開き心も開き宙を舞う

e023 ひたすらに願う心の咲かす花

e025 ゆく春がもったいなくて止めたくて

e026 出会うたび仕舞った過去が蘇る

e027 この胸に輝く君が今もいる

e028 いい風を願って回る風車

e029 希望だけ先に走った恋心

e030 すれ違ったらどうしようかとふと思う

e031 縁のある人へ人へとつなぐ縁

e032 外へ外へ心誘惑する春よ

e033 あれもこれもやりかけたまま春は行く

e034 ひたすらに願う心の咲かす花

e035 あなたとの同じ思い出綴る春

e036 来た春が私を怠け者にする

e037 ときめいてきらめいている春に酔う

e038 置き去りにされたケータイ鳴っている

e039 どこへでも行ける身軽で何もない

e040 縁あって出会えた人と今も居る

第六弾


f001 愛されて愛して今日も生きている

f002 前向きに生きて何でも良しとする

f004 変わる季節心も変えてくれるはず

f007 ひたすらに願う心の咲かす花

f008 食卓に四季も一緒に盛り付ける

f009 ここだけの話を仕舞う場所がない

f010 忘れてた夢がひょつこり現れる

f013 いつだって輝いていた頃のまま

f017 夢でいい叶えば尚いい夢描く

f018 風に身を任せ自然に生きてみる

f019 お日様に負けるものかと雪だるま

f020 叶うって信じて夢を掲げとく

f021 あなたのままそのまま生きていたらいい

f022 約束は果たせぬままに夢を追う

f023 思い出の君を封印したあの日

f024 記憶にはないが前世はあるらしい

f025 限りある命それぞれあるドラマ

f026 手から手へ足されて足して夢と愛

f027 片隅に別の人生仕舞いこみ

f028 向けられたカメラ童女も顔を出す

f029 転んでも起きてダルマと描く夢

f030 忘れてた夢がひょっこり現れる

f031 生きている限り勉強だよという

f032 見ないように聞かないようにする努力

f033 「幸せ」って普通のことと思う今

f034 児はいいな傘さすだけで嬉しくて

f035 やさしくて素朴でまじめ温かで

f036 そのうちにテレビ見ながら長電話

f037 三匹の金魚すくえた得意顔

f038 夏祭り三つ四つとはしごする

f039 飲み過ぎた酒に目覚めの邪魔をされ

f040 酒を酌み全てなかったことにする

第七弾


g001 知るよりも「知らぬが仏」は楽でいい

g002 花の香が眠れと誘うお昼過ぎ

g003 前向きに生きて何でも良しとする

g004 忘れてた夢がひょっこり現れる

g005 七転び八起き幸せ運びます

g006 いつだって輝いていた頃のまま

g008 春行きの切符手にする南から

g009 幸せな姿見つめて描く夢

g010 お日様に負けるものかと雪だるま

g011 春を待つ身には嬉しい花便り

g012 ウエストとヒップ差がなくなって春

g013 それぞれに生きよと世界与えられ

g014 無理するなと言っては無理をさせる彼

g015 心ふたつ聞かない方が良い本音

g016 旧姓で呼ばれ開いた過去のドア

g017 幸せと思う心幸せ連れて来る

g018 一歩出て離れて私に戻るとき

g019 落ちる砂終わってもまだ砂時計

g020 見え隠れしているような君の愛

g023 過ぎたこと忘れて新しい明日

g024 傷つきたくなくてあなたを遠ざける

g025 幾度の危機乗り越えてまだ夫婦

g026 この空をたどってすぐに会いに行く

g028 好きじゃなきゃきっと幸せだったはず

g029 中までは見えぬあなたのその心

g030 癒されたい心あなたに会いたがる

g031 クリックして戻らぬ時はやはり消す

g032 千羽鶴はじめの二羽が私たち

g033 ストレスを封印しながら作った句

g034 言葉より黙ったあなたのその態度

g035 大丈夫君はちゃあんとここにいる

g036 おいしさの秘密信州育ちです

g037 美味しさをそっとあなたに密リンゴ

g038 さあ今だタイムリミットあとわずか

g039 そこまで来た春をそうっと捕まえる

g040 この星を任されている私たち

第八弾


h001 いつだって心に光る星がある

h002 秒針の音が今夜は聞こえる日

h003 温かい言葉が秘めているパワー

h004 大丈夫君はちゃあんとここに居る

h005 流れ星去ってため息一つする

h006 太陽のように注いで欲しい愛

h007 365分の1の夜が暮れる

h008 一時でも別れは先に延ばしたい

h009 ふり返る過去の全てが懐かしい

h010 なごんでくその中空気とけていく

h011 願ってた今はあの頃懐かしい

h012 大空を見上げて指で書く日記

h013 冷蔵庫入れればいいという過信

h014 電話でも頭下げてるお人好し

h015 スイッチポンあとはお願い洗濯機

h016 満腹でおさまる程の腹の虫

h018 振り返る過去の中にもあった夢

h019 大切に体ゆっくり使ってる

h020 ゆっくりと時は流れて待ちぼうけ

h021 別れたいのに別れられずに続く仲

h022 ラストシーン分かっていても見たくなり

h023 空気だと言ってたけれどある別れ

h024 迷惑なメール今では懐かしい

h025 旧姓で呼ばれ開いた過去のドア

h026 幸せがあふれ出したらチャンスです

h027 美しく咲いたばかりにまた摘まれ

h028 もう少し私のあなたでいてほしい

h029 能力がなくて頑張らずに済んだ

h030 だいじょうぶきっと一人でできるはず -香枝流さん作-

h031 誤った地球の未来の選択肢

h032 砂浜にひとつ落としてきたピアス

h033 忘れても髪はあなたを覚えてる

h035 すぐ終わる時が静かに流れます

h036 メル友には気をつけてねと言うメル友

h037 小さな秋もやがて大きな秋になる

h039 手を掛けて心を掛けて咲かす花

h040 立方体いろんな面を持って人

第九弾


i001 まあるく丸く愛と光を降り注ぐ

i002 夢でいい叶えば尚いい夢描く

i003 優しさで人の心は満たされる

i004 福を呼ぶ私の好きな縁起物

i005 大人にも子供の時があったでしょ

i007 チチンプイプイ母の秘密の隠し味

i008 ガラスの靴落とすの忘れてシンデレラ

i009 砂時計引っ掛かってる星の砂

i010 見てた夢目覚まし鳴って幕閉じる

i011 十年前確か好きだと言ったよね

i012 陽の入りも陽の出も静かに待つ葉っぱ

i013 悲しみを癒す涙が伝う頬

i015 ありがとう今日の心の色で書く

i016 感謝して全てを任せ祈るだけ

i021 あしたかも百かも命終わる時

i022 さよならは前にも一度してたわね

i024 セピア色の過去はきれいに塗り替える

i025 ときめくことも私忘れていたなんて

i026 お土産も揺られて眠る夜行バス

i028 歩み寄るしかない一つ屋根の下

i029 忘れてた思い出そっと仕舞い込む

i030 悪くても合わせていたらいい相性

i032 最悪も少し頭に入れておく

i033 まだ一番偉いと思っている夫

i035 ぶつからないように合わせる家の中

i036 「鬱陶しい」みんな言うけど快適じゃん

i037 運動をした翌日は寝てばかり

i038 弁当に嫌いな物をひとつ詰め

i039 食卓に四季も一緒に盛り付ける

i040 パソコンの画面の裏にある宇宙

第十弾


j002 刻まれた遠い私の一ページ

j007 あしたには変わってしまう心です

j010 悲しみの中で喜び探してる

j011 立ち止まる時も気が合うふたり旅

j012 立ち直る為に時には吐く弱音

j013 一時でも別れは先に延ばしたい

j014 お返事がまだ出せなくて今日も暮れ

j015 壊れるものは壊れてそれで良いのです

j017 償いが出来る世界に住んでいる

j018 翌日になって記念日思い出す

j020 幸せと思う心幸せ連れて来る

j022 切り札はこんなことでは使わない

j023 どことなく福が来たよな気がしてる

j024 新年を迎え私も新しい

j025 人それぞれ比べられない比べない

j026 幸せはたまに来るから幸せね

j027 まあるく丸く愛と光を降り注ぐ

j028 体調を良くしているのはこの薬

j029 手土産の中身知らずにその批判

j030 吸われると困るタバコを買わされる

j031 パソコンが壊れて急に暇になり

j032 成功はあとから付いてきてくれる

j033 ただ信じ見守る妻を演じてる

j034 買ってない宝くじでも気にかかり

j035 思い込みながら出来てくストーリー

j036 会える日を待ってて長い日を送る

j037 記名して本音書けないアンケート

j039 知るよりも知らぬが仏楽でいい

j040 お化粧がすっかり落ちた夏の午後

第十一弾


k001 いつだって輝いていた頃のまま

k002 思い出をゆっくり刻む夏休み

k003 なんとなく福が来たよな気がしてる

k006 いつだって輝いていた頃のまま

k007 向き合って一人自然と会話する

k008 雑草の強さに学ぶど根性

k009 前を見て今日も元気という笑顔

k010 気を遣わないようにとっても気を遣う

k011 時少し動かすことが出来たなら

k012 堂々と近頃年のせいにする

k014 カスタネット幸せ色の音がする

k015 現実と夢のはざまで聞く言葉

k016 人生のラストに分かる幸不幸

k017 幾度の危機乗り越えてまだ夫婦

k018 あなたの手借りたらきっと飛べるはず

k019 疲れてるあなたにそっと雨の音

k020 薬指なかなか指輪ほしがらず

k021 際だった豊かな個性かっ歩する

k022 飛ぶためにジッと力を蓄える

k023 幸せがあふれ出したらチャンスです

k024 情に負けず心を鬼にする勇気

k025 会える日を待ってて長い日を送る

k026 お日様が雲と一緒にする遊び

k027 短冊にあなたと私の夢ひとつ

k028 自分らしく前へと進む二歩三歩

k030 触れないであなたはきっとやけどする -香枝流さん作-

k032 悔しくて半分聞こえるように言う

k034 刻まれた遠い私の一ページ

k035 「母ちゃん嫌い」息子が好きと言っている

k036 送らせて「早く帰れ」という娘

k037 前向きに生きて何でも良しとする

k038 縁のある人へ人へとつなぐ縁

k039 幸せと思う心幸せ連れてくる

k040 平凡という幸せな日が暮れる

第十二弾


l002 感謝して全てを任せ祈るだけ

l003 幸せを数えていつもいい笑顔

l004 前を見て今日も元気という笑顔

l005 一日を無事に送って積み重ね

l006 会おうって言ったあなたはもう居ない

l007 限られた命無限じゃない時間

l008 大きくなるもの年をとるもの大空へ

l009 あなたとの同じ思い出綴る春

l011 さあ今だタイムリミットあとわずか

l012 我生きる今この時を過去にして

l013 限りある命それぞれあるドラマ

l014 子の時は許さなかったあれやこれ

l015 試しにと少し限界超えてみる

l017 去年よりゆっくり進む母の杖

l018 花も人もやさしい笑みを返す春

l019 ありがとうってイッパイ言った方が勝ち

l020 はずしたら指が覚えた開放感

第十三弾


m001 わがままを孫がちょっぴり言える場所

m002 困ったら検索孫の育て方

m003 孫とならゆっくり出来る帰り道

m004 感謝されていると思っていた私

m005 読まれても良いことだけを書く日記

m007 気分変え押してだめなら引いてみる

m008 下るしかない坂道の上に立ち

m015 思い出を心に残し過ぎる夏

m016 夏休み家族ごっこをして遊ぶ

m017 コーヒーと笑顔が売りの喫茶店

m018 満月になってあなたを照らしたい

m019 この星を任されている私たち

m020 信念を通すあなたのマイペース

第十四弾


n001 夢でいい叶えば尚いい夢描く

n002 スキップスキップ心すこうし弾ませる

n011 ぼんやりと心の声を聞く夜明け

n012 内定に新たな不安もう芽生え

n013 先走る心を止めるのを忘れ

n014 昼時に夫が居るという悪夢

n015 夜遊びに出掛ける猫を呼び止める

n016 閉ざしている心灯りになる言葉

n017 手も口も出さず見ている親でいい

n018 悲しみは流しましょうと出る涙

n019 まだ花火まだ楽しんでいたい夏

n020 奇想天外当たり前ではないあなた

第十五弾


o001 頑張ってる姿デッカイ夢をくれ

o002 外見も中身もいいとのろけられ

o003 テレビ消す手間よりリモコン探す手間

o004 傷つけて傷つけられてライバルで

o005 宝物包んでパパの誕生日

o006 分からなきゃいいかななんて揺れている

o007 二人にはどんな指輪もまぶしくて

o008 見せられる身にもなってよ通知表

o009 暑い暑いつい見たくなる温度計

o010 振り返る過去の自分は謎だらけ

o011 人生はいいものですねいい出会い

o012 雑草は強いといって嫌われる

o013 あなたの手借りたらきっと飛べるはず

o014 息抜きの遠出が逆に息つまり

o015 蒔いた種あなたいつまで刈らせる気

第十六弾


p005 試しにと少し限界超えてみる

p006 並でいい頑張りたくはない私

p007 太陽のように注いで欲しい愛

p008 失敗を慰めながら生きている

p009 幸せを願う気持ちは皆同じ

p010 最悪を思えば何のこれ位

p011 血液型性格勝手に決めている

p012 皆同じ子供 地球の宝物

p013 アメリカの人形 青い目に涙

p014 涼しさが夏の疲れを癒します

p015 悪いのは酒か夫かもう寝てる

p016 幸せは少し仕舞えと届く箱

p017 集めてたピアス今では児のおもちゃ

p018 後悔も時々してる捨て上手

p019 何年もかけて集めた不用品

p020 出るあくび押える為に飲むコーヒー

第十七弾


q004 居ないはずのあなたを探す夜の町

q005 いい空気吸って人間らしくなる

q006 期待などしない心の軽いこと

q007 爽やかな日です風吹く曇り空

q008 春を待つ花も私も雑草も

q009 予定通り進めてあとは運任せ

q010 後で食べるつもりのパンは硬くなり

q011 バラ色のプランでひとつトゲもある

q012 ゆく道の何とけわしく長いこと

q013 夏バテをしないようにと食べ過ぎる

q014 どことなく福が来たよな気がしてる

q015 むずかしく考えたから難しい

q016 身の丈に合った荷物のその重さ

q017 二十年夫婦つないだ子の話題

q018 必要なお金おろすと言っておく

q019 女優の真似した長風呂も効き目なし

q020 別腹は体に悪い物が好き

第十八弾


p001 良き思い出色鮮やかに塗り足され

p002 好きなのは自然と愛と勇気です

p004 こんなにも変わるものかと妻を見る

p005 ひとつ二つ愚痴がはじけたシャボン玉

p008 腕のいいあなたならばとポーズとる

p009 どことなく福が来たよな気がしてる

p010 パソコンに自由と心奪われる

p011 夢一緒に見たら確率倍になる

p012 理科室の記憶は今も蘇る

p013 食い気だけそんな日もある曇り空

p014 抑えてた本音も見える酒の席

p015 今日もまた溜めてしまった体脂肪

p016 忘れたいことはちゃ〜んと覚えてる

p017 定年を待って付き合わされる旅

p018 若かったあの日の君が好きでした

p019 ドラマの中で少し冒険しています

p020 流れない星も時々祈られる

第十九弾


s001 少しワクワク少しドキドキして元気

s002 君の背に好きと漢字で書いた朝

s003 みんな罪人何回だってやり直す

s005 見え透いていても嬉しい誉め言葉

s006 円満という二文字にする妥協

s007 大丈夫医者が言うからもう元気

s008 あと少しあともう少し今日を生き

s009 言い訳は親の介護と更年期

s010 太陽は出てるはずだが雲の上

s011 百年の恋がバリバリ音を立て

s013 お願いは一つ平和と決めている

s014 いい嫁をやめて楽しい嫁稼業

s015 首に縄代わりにケータイ持たせとく

s017 思い出の写真に日記追加する

s018 つながれて次第に無口になった犬

s019 鏡見て最後のチェック忘れない

s020 休日は甘酒飲んで休肝日

第二十弾


t002 この中で誰か一人と言われても

t003 命の水時には命を落とす水

t004 太陽で居なきゃならない主婦である

t005 悩んでる心にグサリ刺す言葉

t006 あしたかも百かも命終わるとき

t007 十年後真相知った子の話

t008 同じことこれで何千何回目

t009 心二つ聞かないほうが良い本音

t010 現実に向けて一緒に見てる夢

t011 もっと早く好きだと言って欲しかった

t012 結局は全部食べちゃうお徳用

t013 久しぶりに会えてうれしい夢の中

t014 余裕ある時は善人ぶってみる

t015 早々に飲ませ寝かせてからの趣味

t017 半分はレンジが作るお弁当

t018 気にくわない兄に妹うりふたつ

t019 横になり充電したらまた動く

t020 ちぐはぐな家族で一つ屋根の下

第二十一弾


u001 人生の途中でプラン立て直す

u002 もう何も要らぬ若さが欲しいだけ

u003 過去を捨て楽に進めた新一歩

u004 約束した時の気持ちに嘘はない

u005 良いことを見つけ人間やっていく

u007 逃げ道を残して母は鬼になる

u008 計画は続くつもりで立てたもの

u009 洗濯物乾き私はお茶を飲む

u010 思い込みながら出来てくストーリー

u011 夢ひとついだいて飛んだシャボン玉

u012 前を見て今日も元気という笑顔

u013 付き合って貰えるうちに子と遊ぶ

u014 一歩出て離れて私に戻るとき

u015 忘れ物届ける為の一時間

u016 子と思い親と思って諦める

u017 噂などどこ吹く風と聞き流す

u018 何もかも忘れたいから早く寝る

u019 席立つまで本音言わない保護者会

u020 それでまだ許してあげるつもりなの

第二十二弾


v001 あの頃に戻って話す電話口

v002 なごんでくその中空気とけていく

v003 人それぞれ違う心で生きてます

v004 ちょっとだけ酒と薬を差し入れる

v006 もう守るものなどはない一人旅

v007 「好きにしろ」ついに言われて引いた幕

v009 幸せも一緒に連れた春を待つ

v010 焼きたいが焼いちゃいけないおせっかい

v012 体重が増えて増えなくなる写真

v013 素敵な帽子シャイな毛糸の見てる夢

v014 綱渡りしながら育て育つ親

v015 夫婦っていいな半分ずつになる

v016 いくら服替えても顔は変わらない

v017 そそっかしいと聞いて親しみ感じてる

v018 まん中で喧嘩しながら守ってく

v019 意地悪をされていい人やめられる

v020 ひとつずつ済ませて消して軽くする

第二十三弾


w001 品数で勝負してます大家族

w002 親のほうが注意されてた参観日

w003 子に厳しく言って親にはまだ甘え

w004 音楽会鼓笛の音で迎えられ

w005 かた焼きの煎餅なんかに負けない歯

w006 人が居るという幸せの中にいる

w007 コーヒーを飲めば治まる腹の虫

w008 人と自分が変わらぬ者と思える日

w009 片付けて捨てて捨ててもまだ重い

w010 やな奴の顔の羊で眠れない

w011 子の背中押す為親も立ち上がる

w012 ウエストとサイフは締めた方が勝ち

w013 あれこれと履いて選んだ同じ靴

w014 君の幸せ祈り見上げる遠い空

w015 優しさで人の心は満たされる

w018 お日様もお休みですね曇り空

w019 数々の思い考え夢のズレ

w020 ちょっぴりの秘密の中にある平和

第二十四弾


x001 連休の長蛇の列の最後尾

x002 あれもこれも後で使うとまた仕舞い

x003 片付けまい仕舞い忘れるよりましで

x004 追い越してようやく男女見分けられ

x005 ありがたい仕事だけれどつい不満

x006 ここだけの話を仕舞う場所がない

x007 七人の敵と談笑した疲れ

x008 気持ち悪い嫌だ嫌だと見る幼虫

x009 敵国の祈りの中でする勝負

x010 子の夢を抑えつけてる親の夢

x012 火遊びも過ぎればメール命取り

x013 友達でいようと彼が言った意味

x014 生きること全て血となり肉となり

x015 夢もあるこの世に少しある地獄

x016 弱音と威厳使い分けては子を育て

x017 自分らしく生きてライバルなどいない

x018 グズグズしてたら良いことだって色あせる

x019 青いってずっと思っていたい空

x020 あと戻りだってできます好きな道

第二十五弾


y001 成長期引いては寄せる子の悩み

y002 人は人 人はそれぞれそれでいい

y003 一番の味方一番敵になり

y004 自由でいて自由ではない家の中

y006 年頃の子を持つ友と語り合う

y007 お汁粉の甘い誘いについペロリ

y008 もういいよって全ての重しどけられる

y009 続く雨雷落ちて幕閉じる

y010 ぼんやりとライトが動く霧の道

y011 イライラの訳を吐き出させる作業

y012 更年期に子は反抗期親はボケ

y013 幸運が忘れた頃にやって来た

y014 晴れよりも少しやさしい曇り空

y017 取りあえずここは頭を下げておく

y018 コース変えよ運命だって変えられる

y019 ときめいてきらめいている春に酔う

y020 窓開けて作ろう風の通り道

第二十六弾


z005 お夜食はたぬき寝入りで聞かぬふり

z007 謙遜を「そうね」とあっさり受け取られ

z008 うなずいてくれる人だけ話したい

z009 会わないでいようメル友でいたいから

z010 あなたらしくこの世で生きるのが定め

z011 腕のいいあなたならばとポーズとる

z012 想い出をエネルギーにして待つ未来

z013 目覚ましが鳴るか試して床につく

z014 手鏡で後姿も確かめる

z015 拾ってくれる神もいるさと歩き出す

z016 叶えてとだるまに祈る君の夢

z017 幸せをだるまに込めて祈ります

z018 生きること全て血となり肉となり

z019 降る雨が一歩秋へと向かわせる

z021 去年咲いたあのひまわりの種が咲く

z022 幸せの種を気ままに蒔く仲間

z023 出過ぎないように足並み合わせとく

z024 返信が一日延びて今日も暮れ

第二十七弾


A001 思い出をエネルギーにして待つ未来

A002 石焼き芋わかき日の母思い出す

A003 やめたくても体が欲しいと言うタバコ

A004 誕生日なのに買ってはやれぬ彼

A006 小さい頃はやりたがってたお手伝い

A007 文化的な生活野性疲れ果て

A008 クリスマス気分サンタが帰るまで

A009 子と夫すぐに覚ましてくれた夢

A010 金運か健康運か迷う年

A011 激安店普通の品も一つ入れ

A012 占いだよと言って半分信じてる

A013 ひとつずつ楽しみながら終わる夏

A014 新しい靴が心を弾ませる

A015 「チャンスだ」とボクが思ったあの誤解

A016 道なんて無くても行けるどこへでも

A017 アルバムに落ち葉に埋まる児の笑顔

A018 先走る心を止めるのを忘れ

A019 夢一緒に見たら確率倍になる

A020 輝きは遠いあの日に連れ戻す

第二十八弾


B001 春なんて来なくていいの今が好き

B002 ひとつでも若く言われてみたい年

B003 違う人とその度違うことをする

B004 その昔帰るコールは今メール

B005 腹がたつ過去の扉に鍵をかけ

B006 何もない心に灯しておく明かり

B007 宇宙人くらいに思うことにする

B009 ああはなりたくない人が居て感謝

B010 友人の数だけ体欲しくなり

B011 上手には描けなかった今日の顔

B012 何もかもやめてこれだけ今日はやる

B013 香り来る花はどの花春の色

B014 「空いていた」は理由にならぬ指定席

B015 恥じらいを置いて来たのか見つからず

B016 サイコロに今日の運命任せます

B017 居なくても我が家ひとりも気付かない

B019 そのうちにどんな色にも染まる白

B020 もう少し私のあなたでいて欲しい

第二十九弾


C001 話したら二つ三つと縁があり

C002 情に負けず心を鬼にする勇気

C003 ご機嫌を伺いながら住んでます

C004 大勢で行ってお一人様ひとつ

C005 いが捨てた栗が袋で丸くなる

C006 やる気ある私とやる気ない体

C007 見て聞いて拾う良いこと悪いこと

C008 まだまだと続けていたら進化する

C009 命の水時には命を落とす水

C010 弁護士は悪人守る人と言う

C012 子に背中見せていい親らしくなる

C013 この体使って生きるという使命

C014 どっこいしょここに降ろして良いですか

C015 夫から一口貰い飲むビール

C020 決断は心ときめく今のうち

第三十弾


D001 見てた夢目覚まし鳴って幕閉じる

D002 みんな好き愛してるのはあなただけ

D003 傷つけてしまう言葉は置いて行く

D004 色のない冬の雨では絵にならず

D005 風向きが変わる用事を思い出す

D006 支えてたものを流して行く作業

D007 お守りは家族揃った日の写真

D008 この中で誰か一人と言われても

D009 元気出せ重ねた年に声掛ける

D010 どの家も同じ悩みと聞いている

D011 比べずに楽しんでたら良いのです

D012 ストレスが溜まると我慢しなくなる

D013 夢ひとついだいて飛んだシャボン玉

D014 片隅で良くないことも描きつつ

D015 笑顔だけで幸せだった片想い

D016 奇跡とは決して諦めない勝利

D017 片隅に別の人生仕舞いこみ

D018 泣いている時間何だか惜しくなり

D019 許されぬ愛ゆえつのる恋心

D020 限られた命無限じゃない時間

第三十一弾


E001 計画を立てた心は旅に出る

E002 わがままを孫がちょっぴり言える場所

E003 それぞれに生きよと世界与えられ

E004 ここに居る何があっても母だから

E005 好きなことやれてそれぞれ元気なら

E006 人生はいいものですねいい出会い

E007 手のモデル顔も一度は見てみたい

E008 快復の兆しに春のいい予感

E009 見なかった聞いてなかったことにする

E010 人並みに出掛け連休らしく過ぎ

E011 取り敢えずこれから夢を見て決める

E012 おしゃべりも今日の予定に入れている

E013 生きるのもいいね空には月と星

E015 待ち焦がれた春は幸せ色で咲く

E020 次々と膨らむ夢の中で生き

第三十二弾


F001 花の香が眠れと誘うお昼過ぎ

F002 子沢山すぐに比べてしまう癖

F003 いい風が吹いたら回るつもりです

F004 地球から戦争のない星探す

F005 福を呼ぶ笑顔が好きな縁起物

F006 あたりまえを私に望むのはやめて

F007 心ふたつ聞かないほうが良い本音

F008 忙しい具合悪いで世を渡る

F009 声だけが花だったりして電話口

F010 平凡という幸せな日が暮れる

F011 ドーナツの美味しい余韻が穴を埋め

F012 30円その差に迷い買った品

F013 眠くならないようにと買ったマンガ本

F014 ひとことの電話心を繋ぎ止め

F015 正直に言ってはダメと念を押す

F016 流れ星去ってため息一つする

F017 カレンダーめくれば消えるそんな過去

F018 並でいい頑張りたくはない私

F019 優劣なく競うことなどない平和

第★弾






第★弾









☆川柳の小部屋

ホーム へ