蝶の舞う丘「ホームページ一覧」 - 川柳の小部屋 

川柳1(2000.12〜2002.5)

パート1


バイクの音が知らせてくれる子の帰り

風に身を任せて揺れている葉っぱ

娘だけ連れて夫はよく出掛け

髪を切る訳にはいかず爪を切る

母の髪やっときれいな白になり

すぐどこか行っちゃうメガネ捜す母

お日様が当たる所で寝てる犬

前聞いた忘れた母の長話

残高はもうこれだけと子に見せる

あるはずの建物つつみ隠す霧

ぼんやりとライトが動く霧の道

お小遣いないとテレカを売りに来る

上を見て育ち弟良く育ち

人殺めどうしようかと悩む夢

窓開けた風呂場乾いていくように

頼みたい時は笑顔でやって来る

片隅に別の人生仕舞いこみ

目を閉じれば次第に見えて来る景色

うちの娘もリンゴむけます皮むき器

寒だから時々雪も降らせます

我慢ばかりしてた弟ついにキレ

手紙来て返事書くのがひとつ増え

お姉ちゃんがただ居るだけでおとなしい

雪解けの水が屋根から落ちる音

よく動く人はだいたい痩せている

大家族で診察券もこの通り

話したらニャーと答える猫がいる

着替える前の服のポッケに入れたまま

大丈夫つぎに来るのは幸せね

最後まで分からないから面白い

小型犬だけど任せたお留守番

理想から離れた子供連れ戻し

洗濯の仕方悪いと言う娘

魔除けにと飼った黒猫良く眠る

2002年05月31日
パート2


頼みに来る時まで待って子を注意

もう過去はどうあれ前へ歩を進め

童話って割と残酷なんだよね

キラキラと無言で光る星が好き

来た時はきれいな顔をしたバナナ

かみ合わない時は言葉を仕舞い込む

みかんの皮なんてどうってことないよ

甘いって苺にちゃんと描いてある

幸せって普通のことと思う今

貧乏も良い味わいのある暮らし

恥捨てたら自然に湧いて来た勇気

眠たくて涙も連れて来たあくび

待ってたらそのうち終わる反抗期

強風が暴れた後の乱れ髪

猫にとっては猫中心の町であり

過去ばかり見ていて未来まだ見えず

幸せはたまに来るから幸せね

好きなのはあなたの中のあなたです

目の前の山で想像してた富士

あの高校 制服ないから嫌なんて

いい人だあの人ボクを誉めている

ケータイもバイブになって式に出る

卒業式茶髪はいない皆勤賞

茶髪ピアスヒゲ面もいる卒業式

まず聞いてトゲ抜いてから出す言葉

メール癖清書してから出す言葉

ガラス玉喜んだ日もあった君

早く寝た児に起こされる日曜日

人の世で自由奪われ暮らす犬

強さより優しさ選ぶ君が好き

涙枯れ心の中に住んでいる

チョコ持って弾む笑顔で駆けてく児

顔出した水仙の芽に降った雪

耳に穴開けてと娘やって来た

人生のつり橋渡っている途中

2002年05月31日
パート3


網戸替えあとは来る蚊を待つばかり

乗り越えた困難の先にある自信

八分目お腹も心も丁度良く

子の喧嘩見てはいられぬ親だから

顔見れば人の心も読める犬

我慢していたら良い日が来るのにね

あの中にきっとホントの友が居る

遠い場所遠足の足バスになる

笑顔の裏悩みあるから優しいね

温泉宿守りひっそりすみれ咲く

宝くじ当たり描いた夢が好き

大人びた体の中に住む子供

金運か健康運か迷う年

そのお歌発音違うと児が指摘

多過ぎる人に地球も持て余し

幸せを人に分けたい嬉しい日

あの言葉も人の口から出た言葉

やらなきゃと思い忘れてもう二年

この町しか知らずに過ぎて行く焦り

人の悪い話と自分の良い話

見たことはないが釣ったと言う魚

親なんかと言ったりしてる頃が華

落ち着かない散歩をねだるポチの声

死ねとまで言って頼んで来る息子

悪口を聞かずに生きている平和

家に居たら子どものままで成長し

パソコンにはまって消えていた悩み

守られて子には直接来ない風

波風は立てたくないと目をつむる

年寄りと犬がいつでも家に居る

2002年05月31日
パート4


太陽は出ていないのに暖かい

水仙の芽を見て浮かぶ花の色

見る人がいるから書いた週刊誌

弁当はお休み息子旅行中

下向いて歩きぶつけた時の傷

大家族の中で独りになれる時

取りあえずこの場はハイと言っておく

走らせた車も迷うわかれ道

場所に合う言葉選んで使ってる

年があるばかりに弱気おばあちゃん

無縁だと聞いてた耳が思い出し

取りあえず車に貼ったガムテープ

やめたくても体が欲しいと言うタバコ

滑らないよう車走らす雪の上

逆戻り出来ないあの日思う朝

世の中は平和と信じ生きる犬

ラッキーカラーと言って着てます派手な色

昼下がり小鳥の声の子守唄

増えて行き次第に減って行く家族

自転車も人も心も滑る雪

忘れてた傷口無惨に開かれる

もう一緒に居たくなくなるまでいたい

帰らぬ子思い出させる夜の風

目に浮かぶ遠いあの日の君の顔

美しさ恐さも秘めた白い雪

見かけより味が勝負のラーメン屋

この頭痛カゼと教えてくれた喉

柔軟な心ひび割れなど知らず

慣れない目眩しがらせた二月の陽

拾われてつながれ自由なくす犬

優しさで人の心は満たされる

悲しみを知った涙がこぼれ落ち

夢もあるこの世に少しある地獄

シナリオは書き換えるのが秘訣です

おばあちゃんにチラシ貰ってママの顔

2002年05月31日
パート5


寝る時間さいて作った句を送る

休日の昼食済めばもう三時

聞かないという優しさで癒される

見納めにしたいものです山の雪

陽の当たる明るい場所で見た鏡

どこだろう人見てポチが鳴く目安

うわさなどどこ吹く風と聞かぬ耳

後ろ姿ポチ可愛いと見てる妻

ウエストはと児が言い持って来たメジャー

起こすのを忘れて遅刻した子供

幸せはたまに喜ぶほどの数

ストレスはところどころに置いて行く

よく見ればトゲもあります薔薇の花

逆立ちして見てたら長い砂時計

バタバタとホラ来た娘走る音

眠りから覚めた木々から動き出す

持ちきれない幸せ少しこぼれ落ち

お面などはずして私らしく生き

うちの娘が一人手を振る参観日

通知票貰ったようなお給料

否定するはずと謙遜してみたが

病気でも元気に見えるのが悩み

「う」と「つ」と「ろ」左右対称児の書く字

掛け声を独り言だと注意され

アルバムに残る悲しいVサイン

ひな祭り二つ出してと児に言われ

ネコにされネズミになった児と遊ぶ

二回目はあなた許してくれますか

出番待つお雛様まだ箱の中

たたいたり温めたりして開けるビン

子が出来る一番はそれと子に話す

せっかくの曲をはずして歌う人

ゴミ箱に知らず落として捨てられた

子が卒業すれば安心出来る雨

目覚ましが鳴るか試して床に就く

2002年05月31日
パート6


杉花粉どこへ行くのと聞いた風

まだタバコやめる理由が見つからず

言葉より黙るあなたのその態度

上の子にやられたように下にする

目が合うと散歩行こうと誘う犬

散歩する靴の音まで弾む春

恐いから二人で開ける玉手箱

席を立つ人を待ってて座る席

食事中飲み込んでから出る電話

ふきのとうもつくしも出るし蛇も出る

太陽は出てるはずだが雲の上

夢を見るように描けば花も咲く

悪いことすぐ忘れるという特技

誕生日頼まれたのはお星様

お散歩の足元照らす春の月

治すよりうまく付き合う花粉症

嫌ですと言ってる君の目が笑う

チューリップ春が来たよと芽が教え

水を吸う元気も尽きて枯れた花

ばあちゃんは寒くて子には暑い部屋

食べ過ぎと言ってた口へまたジュース

この山も誰が捨てたかゴミの山

パソコンが目をくたくたに疲れさせ

仕切られてうなずいてから気が付いた

わかるんだと勝手に思っている親父

まだ寒いと賢い虫は出て来ない

聞き飽きた名前一日聞かされた

失敗と卵いくつも割る娘

雑草もぐんぐん伸びる春の雨

ケータイが心の隙間うめている

山姥をやってた時の陰も消え

大根とリンゴ転がる調理台

卵焼きふっくら焼けて子の受験

好き嫌い焼かれたニシン売れ残り

2002年05月31日
パート7


一冊で家中回る漫画本

つながれて野を駆ける夢見てる犬

旅に出ると言って向かいの店に行く

黙らせて機嫌をとりに来る夫

下がったと言う支持率はまだ高い

家計簿が直撃された不況風

昨年の枯れ草新芽に邪魔をされ

あの星も違って見えていた二人

酒少し飲んで陽気になるのなら

後で食べるつもりのパンは硬くなり

しるし付け置いといたメモ見当たらず

きれいねと誉められたくて咲いた花

優しくて照れ屋でもてる男の児

ゆっくりと溶ける休日パンの上

昇進の陰で泣く人笑う人

ことさらに思い出作りと友に会い

おじいちゃんと言って水仙供える義母

見せたくて派手になってくコマーシャル

眠ろうとしたら聞こえて来たいびき

「嫁が金取った」と言わぬボケてない

お隣が解体我が家丸見えに

年かなぁ〜寝ても食べても疲れてる

帰りまで心配してて楽しめず

今日私嫌われちゃった幸せに

注意より後が恐いとする通報

朝だけはゆっくり出来た子の休み

身に覚えない雑草が生えて来た

なごやかをひっかき回して去った人

あのヒビはきっと私が入れたヒビ

ケータイするクルマ自転車歩く人

ピンポ〜ン喜んで児が呼び入れる

買い置きがいつまでもある台所

玄関で福だけ通す招き猫

2002年05月31日
パート8


先生が大変だよと泣かない児

ヤッホーと言うメールのあなた知りません

タマネギが堪えた涙をあふれさせ

児が好きでとにかく笑うハム太郎

眠いなあみんな出掛けた後の家

猫居なくなって写真がグッと減り

叱ること全くなくていい児なの

五年前の彼の写真に見る変化

置時計古い電池で遅れがち

会える日を待ってて長い日を送る

水無いと気付けばホッとしてる犬

娘の指に慣れて編まれている毛糸

幸せを見つけられずにいる不幸

兄を見て育ちいつしか兄を抜き

信号待ちしてて思わず入る店

姉ちゃんは父ちゃんよりも恐ろしい

児はスコップ母はカマ持ち庭に出る

サイフだけ黄色にしてもカラはカラ

病人に見えぬ病気でまた困り

結婚式だって心は変わるもの

生んだ子見る輝いた目に母を見る

腕相撲子に勝つうちにしつけ終え

それぞれの時を刻んでいる時計

いい運動できると草に感謝する

草取りははかどらないがいい句でき

連休に幼子見守る兄の顔

本当の私に戻る数時間

曇った日晴れた日雨の日どれも好き

体にいいからと食べてはまた太り

熊蜂が目の前ホンの長時間

泣きたいのこらえたんだなあの空も

カーテン替え入った新しい空気

外は雨だけど心は今日も晴れ

真ん中に木曜持って来たゆとり

血も涙も親もあるんだ誰にでも

2002年05月31日
パート9


毛が抜けて痩せてたんだと犬を見る

金持ちの客にはあんなに愛想いい

ラッキーの陰に努力の跡があり

評判を聞いて行きたくなった医者

あり過ぎて不安にさせているお金

捨てられず何でも届く場所にある

曇り空雲をどかせば晴れた空

満腹にさせれば機嫌いい息子

悲しみを優しく包む青い空

行く春がもったいなくて止めたくて

これが済めばとその先にある春を待つ

猫居なくなって写真もグッと減り

あれもこれもやりかけたまま春は行く

喜びも悲しさも倍にする満月

喜びは二倍悲しみ癒す満月

思い悩む時間ないのにする感謝

雑草とほこりに感動してた朝

草取りをすれば花粉がまた責める

過去はもう忘れましたと駆ける犬

何言ってもあなたのペースになる話題

引いてみてダメならちょっと押してみる

水槽の金魚に悩み打ち明ける

この胸に輝く君が今もいる

あり余る食べ物前に絶つ命

疲れたと休息増えて超多忙

苦しくてうっかり忘れていた笑顔

要領良く上の子を見て育った子

童心のままで成長した大人

高速代浮いたお金で無駄遣い

クローバー幼い頃の髪飾り

存在を特に喜ぶポチが居る

弱点を知って涙は見せられず

目は緑私ピンクの色が好き

下ろうか上がろうかなと迷う坂

姉のメガネかければ姉妹瓜二つ

避難して来たので鬼を家に入れ

本当のことを言ったら切れる縁

2002年05月31日
パート10


寝ぼけた子の言う弁当を作らされ

幸せを逆に運んでくれる寄付

失敗からのスタートこれが運のツキ

難しいことをわざわざ聞いて来る

瓦屋が瓦落ちると言って来た

疲れてる時を察して見てる犬

死にたいと言われて弱い別れ際

怒ってる静まるまでは近寄らず

逃げ道を残して母は鬼になる

知人に会い話し始めた先行車

母さんの胸を越えたら甘えない

離れてからようやく見えた良い所

追われたり追いかけてたりする時間

作り話ネタに自慢をしてる人

激励と話した方が傷ついて

嫁姑問題「修行」とアドバイス

寝てる子も電話と言えばすぐ起きる

あんなこと命かけてた若かった

逃げればいい思った途端 楽になり

神様も見落とすことがたまにある

子に同じ態度と言うが疲れたの

顔のパン食べさせ弱るアンパンマン

この体の中に住んで居る私

父の嘆き母の嘆きを噛み締める

犬に悩み聞いてもらって楽になる

仲良しも口を開けば傷が付く

人気には受け入れられる力有り

犯人は僕と言わない子沢山

困ったなぁ〜あの時薬飲んだかな

子供の頃の夫のおもちゃどうしましょ

父親がいないと元気のいい息子

2002年05月31日
パート11


悪いとこ直せばあなたじゃなくなるわ

義母がまた孫に遊んで貰ってる

弁護士は悪人守る人と言う

料金が不足と帰って来た手紙

雪解かす太陽雲を気にしない

寒いなあ真冬のボクの薄い影

好きと言うあの日の気持ちに嘘はない

油断した隙を狙っている魔物

情移り理性で別れ決められず

聴診器幼子の風邪良く効いて

収入の割に出ている金と腹

美人だとつい完璧に見えて来て

明日からの出費忘れて給料日

宇宙人と時々思う世代の差

若い気も無理はきかない若作り

子の背中押す為親も立ち上がる

親なんかと悪態ついて使われる

立ち話するより早い遠回り

注意など聞かぬ頭は何思う

理想像妥協重ねて今がある

元の箱出してしまえば収まらず

無理難題言われる親も成長し

親居ると兄弟喧嘩よく泣いて

お互いにテストしている初対面

痛くてと部活サボった子の言葉

大袈裟な例え話も子は見抜き

宝物人から見ればただのゴミ

つい猫には甘くなっちゃう許しちゃう

体の毒出たと錯覚するサウナ

子が早く出て行くようにこき使う

視力落ち代わりに良くなる心の目

人前で年はいくつと子に聞かれ

通説が時々逆転する不思議

猫を見て子が怠けると言う夫

夜遊びに出掛ける猫を呼びとめる

2002年05月31日
パート12


床に就く気力がなくて起きている

オルゴール壊れてむなしいただの箱

自転車に乗れた娘を待つ危険

吹き降ろす風が伝える山の雪

眼鏡の助けがあれば働く目

ひざの上に乗せているけど猫嫌い

いく度のチャンスのがして今がある

ウソつくなら息子まともなウソをつけ

寒いかと敷いた布団を破るポチ

地球にもまだ咲いているこんな花

ため息に混じって一緒に出た気力

北風が心の隙間通り抜け

シャボン玉ほんの一時見てた夢

反対をされたらすぐに出た答え

前髪にとっては邪魔な私の目

人間の味を出してる顔のしわ

キラキラでつい目で追っているリップ

忙しい中で生まれる良い話

薬より医者との会話良く効いて

情に負けず心を鬼にする勇気

人は頼む時だけ別の顔を持ち

動物園見に来た人が見られてる

後から来たビルに太陽うばわれる

子と夫すぐに覚ましてくれた夢

チャンネルのように替えたいこの頭

大掃除捨てて心が揺れている

簡単に病が止めた好きな酒

遅くても速いウサギと思うカメ

人前では「飲むな吸うな」と共犯者

内弁慶外で出さないその個性

ちっちゃい目が大きく開く良い知らせ

死の淵で修行足りぬと拒否をされ

稀にある軌跡希望をまだ持たせ

遅れてもやがて必ず春は来る

世界中どこでも酒は待っている

子カマキリ両親どこと児に聞かれ

2002年05月31日
パート13


水溜りを増やす計画雨の夢

一匹の蚊に体調を崩される

二回目の春を迎えて咲くつつじ

信号待ち塀よりのぞく薔薇の花

際限なくまだ次を待つ人の欲

また派手に息子がパンクさせたチャリ

ここでしか他にするとこないトイレ

容量を初めて知った僕の胸

一人身に夫婦仲良い電話口

何言っても誉めた言葉に取る皮肉

カーテンで仕切って部屋を子に半分

良い耳で聞いた雷恐い犬

仏様黙ってればと付け足され

進められ買ったばかりと電話口

漫画本ばかり集めて本棚へ

切り方にそれぞれ好みあるカレー

大嫌い大好きなのも同じ人

のんびり屋の息子の時計進めとく

味を知る為に一度は買ってみる

文化的生活 野生疲れ果て

大事にする「今は耐えろ」と教えられ

どの家も同じ悩みと聞いている

今朝もまた幼稚園バス後を追い

体調に左右をされている機嫌

体より消えぬ心の痛み増え

たったひとつだけの体を持て余す

触れたくて犬の様子をそっと見る

この人に会えるかしらと見る写真

狂牛病もう高齢と邪魔にされ

どこまでも転がるように落ちる坂

米どころかパンも食べなくなった朝

取りあえずここは頭を下げておく

誉められた言葉で逆に反省し

コーヒーの助けを借りて動く朝

2002年05月31日
パート14


しばらくは来ない平和を夢で見る

死んだ時メガネ入れてとおばあちゃん

貯めるしか知らずに生きた人の金

また暇が出来たらやると捨てられず

下に来て寝ちゃった息子また起こす

ビタミン剤これが終われば春が来る

スーパーがあってコンビニないんだな

月曜日動けば抜ける休み癖

この生活いざとなったら捨てましょう

実物と違う児の描く美人ママ

まず我慢出来たでしょうか成人式

時の流れもどこ吹く風のおばあちゃん

決意した心 電話で聞いて来る

ストレスはためず句にしてさようなら

話したか忘れ何気に聞いてみる

白い息吐いて怪獣気分なり

何よりも空いてて近い医者がいい

目と鼻の先にこんなに青い鳥

悩んでる心にグサリ刺す言葉

いい顔を作り鏡の顔を見る

成功につなげる為の失敗ね

まだ浅い心の傷を埋めておく

子の機嫌良くて話ができる朝

何べんも言っていい足りない言葉

人情がない世で心あたたかい

失敗を教えてくれている不安

カップラーメン食べて多弁になる息子

悲しくて悲しくて良い詩ができた

水槽に慣れて退屈する金魚

父親をけむたがってる良い家庭

気持ち良く入る釘打つ大工の手

合わないと気付いてからの二十年

うれしそうな顔を作って人と会う

甘柿の中で時々出会う渋

もうダメとゆっくり歩くハエと会う

ケガよりも子が気にしてた保険金

買うものを思い出せずにいるお店

2002年05月31日



☆川柳の小部屋

ホーム へ