蝶の舞う丘「ホームページ一覧」 - 詩の小部屋 

風香の詩11のパート9

*笑顔に


「冬を楽しんで」と
言われて
ようやく気が付いた
冬の嫌な面だけを見て
嫌だ嫌だと
思っていたことに

人や物に対しても
良い面だけ見ていたら
楽しくなる
笑顔になる
良いことと悪いことは
セットに
なっているから

2012/1/24 (Tue)

*おばあちゃんの話


おばあちゃんに
「前にも聞いた」って
言ったら 目上の人に
そう言うものではない
と注意されて・・・と娘

お母さんは
どれ位聴いたか
話の途中電話が鳴ると
そこで終りになって

「おばあちゃん
話したかったんだ」
聴いとけば良かったね 

2012/1/24 (Tue)

*ゆみちゃんの声


大阪の
おばちゃんらしく
なくなっちゃったけど
何もなかった方が
良かったけど

声を聞けただけで
こんなに
嬉しいなんて

お話できて 良かった
ゆみちゃん
声を聴かせてくれて
ありがとう

2012/1/24 (Tue)

*今日一日


動く体を動かすのにも
気力が要る

動かなくなった体を
支えながら
動かすのには
気力も体力も忍耐力も

明日は動くことを
願って 今日一日
無事に過ごせたら
良いことに
しておきましょう

2012/1/24 (Tue)

*暴走


何かするのは
いいけれど
自分のことも
人に対しても
やり過ぎたらいけない

もう少しってところで
やめておくのがいい

やりたくても
やってあげたく
なっても
もう
暴走しない

2012/1/24 (Tue)

*距離


意識して距離を
置かないと
近付き過ぎるから

ある程度近付いたら
それ以上は
踏み込まない

距離を取って
上手に付き合う

今まで
いっぱい失敗して
思うこと

2012/1/24 (Tue)

*いつものタマに


捜し物が
見つからない時
いつものタマが
トラに変わる時

どこへやったと
言われても
捨てたのかって
責められても

私は静かに
時の過ぎるのを待つ
いつものタマに
あなたが戻るのを

2012/1/24 (Tue)

*犬の耳


夕方、犬のミルクに
えさをやる
準備だけでもと
少し早目の三時頃 
缶詰カチって静かに
そうっと開けたのに
ミルクの耳には
かなわない

私たちのことも
知っているのね
とぼけた顔して
すましてて

2012/10/29 (Mon)

*次の人生


自然の成り行きに
任せた
次の人生なら
それもまた好し

ひと休み
してからなんて
言わないで

さ〜つかまって
次の波が来たら
すぐに乗るわよ

2012/10/29 (Mon)

*私の中で


別々の場所から入った
二つの情報が
私の中で一つになった

身近な人だから
何で?って
思ってしまうってこと
馬鹿だから
仕方ないって
思えばいいってこと

それが次第に落ちて
今はで〜んと構えてる
許せる気がして来る

2012/10/29 (Mon)

・・☆


   詩の小部屋「風香の詩」

[] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12]