蝶の舞う丘「ホームページ一覧」 - 詩の小部屋 

>
風香の詩5のパート7

*春


昔の家族制度は
良かっただなんて
今でもまだ言ってる
そんな頑固親父が
いたって
いいじゃないか
昔は良かった
昔は良かった
何遍も繰り返しながら
その声は次第に小さく
悲しげに消えて行く
声と一緒に
消えて無くなって
しまいそうなほど
小さくなった父 
春はそこまで
来てるから
元気 出そうよ

2004年04月07日

*一瞬の幸せ


昨日までの
春のような気候とは
打って変わって
寒い朝

いつものように
洗濯物を干して
お弁当を作って
家族が一人
二人と
出かけて行く

小走りで
ゴミ出しに出た帰り道
少し遠くを見上げると
薄っすらと雪をかぶった山は
朝の光に照らされて
キラキラ輝いていた
この瞬間
幸せに包まれる

サッ、やり残した
洗い物とおそうじが
私を待っている

2004年04月07日

*素通りした言葉


一度言ったことも忘れて
「それ
さっきも言ったわよ」って
笑われて・・・

もう私ったら
年を取って
ボケちゃって・・・

ううん
違う違う
元々
そそっかしいんだけど・・・

忙しさにかまけて
いつしか私の言葉は
早くなっていた
思いつきで
どんどん出て行った言葉は
私の心にとどまることはなく
素通りして
行ってしまった

2004年04月07日

*心もポカポカ


届いた宅配便の宛名を見ると
昨年友人に「こういう人と友達になるといいわよ」
と紹介された写真屋さんの奥さんからだった
一度会ったきりで
後はメールでのやり取り
詩を書いている私に
素敵な詩を送ってくれる
私の出した本に
彼女の詩も載せさせてもらって
その本を送ったところだった

小包を開けるとぬいぐるみ
「これは娘にだな」と思いながら
同封の手紙を読むと
「プーさんは、みさちゃんではなく風香さんへ。
娘さんがいつもプーさんを持っているので、
お友達としてドーゾ」と書かれているではないか
ぬいぐるみを子供にと下さる方があっても
私にだなんて
今までそんなことは一度もないことだった

その他にも「本の出版記念の思い出にドーゾ」と
どうして手に入れたのだろうか
私と娘のそれぞれの写真が印刷された
マグカップが入っていた

急に春が来たようなポカポカ陽気の今日
思いがけない贈り物に
私の心もポカポカになった

2004年04月07日

*大切なこと


「ウェーブ産経」会員に
風香の詩句集「受験発表の日」プレゼント
というコーナーを見て
応募してくださった方がいる
ある日彼女から
プレゼントが届いた
産経新聞を見て作ったというドーナツ
チラシ、包装紙で折った小箱がギッシリ
ドーナツも勿論
この可愛い小箱に入ってる
素敵なプレゼント

大事に大事にしまっておいた
この小箱
バレンタインデーに
取り出して
娘たちと手作りした
トリュフを入れた
マドレーヌのチョコレートバージョンも入れてみた
それをビニール袋に入れて
リボンを付けたら
とっても素敵に変身した
小二と高二の娘が
これをお友だちにプレゼントするなんて
何て素敵なんでしょう
私も、もっともっと早くに
こんな素敵な小箱に入れて
プレゼントすることを
知っていたら良かった

今年初めて
彼女から届いた年賀状
それは
きれいなカレンダーを切った紙に
五十円切手が貼られたもの
物を大切にする素晴らしさ
一生忘れることが出来ない
私の宝物

2004年04月07日

*息子の自立


長男がこの家を出て三年になる
次男がこの家を出て
一年が経とうとしている
二月十四日
バレンタインデーの日
娘がお友だちにプレゼントする為の
トリュフを作ろうってことになったんだけど
我が家にはシュガーという名のオス猫がいるから
まずは猫の毛が入らないように
猫を外に出して
服も着替えて
お掃除を念入りにしてからでないと
お菓子作りは始められない
今までこの息子の抜け毛のお陰で
どれだけ大変だったことか・・・

暖かくなったら
いずれ外で暮らしてもらおう
そう思っていたところへ
幸いにも丁度この日は
春一番が吹いた
思い切って
今年は次男に続いて
この猫の息子も
自立させようと決心した
場所は
おばあちゃんのお隣の部屋のサンルーム
出入りは自由自在だ
しかもあの息子
ちゃ〜〜んと去勢手術もしてある

しかし翌朝
昨日の春のような気候とは打って変わって
私の決心を試されるかのように
雪が降った
でも私はこんなことでは負けない
心を鬼にして
猫の息子も自立させる

2004年04月07日

*元気になって


年老いた親に
カゼをうつしてしまってはと
しばらくご無沙汰していたら
こちらもカゼを引いているから
大丈夫だから
顔が見たくなったから来いと言う
そうか〜
私の顔がみたいのか〜
この顔でいいのなら
いくらでも見せてやろう
お風呂に入って
きれいになって
早く休んで

あした
元気になった顔を
見せに行こう

2004年04月07日

*自分の心に


どんな嵐の日にだって
どんなに無理をしてだって
やりたいことなら
やるはずなのに
こんなにお天気良くなったのに
一歩も前に進めない
心が少しも動かない
きっと今は
やめておいた方が
いいからなのですね
私は自分の心に
従います

2004年04月07日

*一歩前に


無理しなくて
いいと思うんだよ
人間だって
もっと自然に生きて
いいと思うんだよ
痛かったら
痛いって言えばいいし
欲しかったら
欲しいって言えばいい
悲しかったら
悲しいって言えばいい
本当に本当に
無理することなんか
何にもないんだよ
言ったからって
解決方法が
見つかる訳でもないけれど
一歩だけ前に進める
そんな気がするから・・・
我慢しないで
言ってもいいんだよ

2004年04月07日

*夢


o018 夢


*夢

自然な形で
ごく普通に
続けていたら
もしかしたら
いいことが
あるかもしれない
そんな夢を
見ていられたらいい
その程度の夢でいい

2004年04月07日

☆詩の小部屋「風香の詩」

ホーム へ