蝶の舞う丘「ホームページ一覧」 - 詩の小部屋 

風香の詩6のパート6

*自然


これは
自然なことなのかと
考えてみる

何ごとも
自然に
照らし合わせてみる

自然が全てを
教えてくれる
正しいこと
そうでないこと

わたしの
進むべき道を

2004年07月26日

*選挙前


後援会入会用紙の
顔写真を見た娘
「こんな偉い人が
うちに来たの
会いたかったな」って
とっても残念そう
「この人はね
顔は笑っていないけど
目が笑っているの
だから
心がきれいな人だよ」

小さな子どもには
見えるのかな
人の心が

2004年07月26日

*一体、私は・・・


あれもこれも
やりたくて
あれもこれもは
出来なくて
一体、わたしは
一体、この体ひとつで
何をすれば
いいですか?
何から手をつけたら
いいですか?
一体、私は・・・

とにかく
メモを見る
今日の予定は
何だったっけ
片付けてしまうことは
何だったっけ

2004年07月26日

*元気出すから


ひとつ詩を読んで
元気になって
ふたつ詩を読んで
もっと元気になって
みっつ詩を読んだら
とっても元気になりました

「元気出してね」って
一度言われたことがあっても
二度言われたことがあっても
「元気出してね」って
三度言って下さったのは
あなただけ

わたし
元気出すから

2004年07月26日

*忘れた頃には


ホラまた
目をパチパチって

小さい頃もしてた
お母さん
すっかり忘れてたのに
また思い出させて

気を付けなさいって
注意しちゃ
いけないんだよね
益々気にしちゃって
余計するから
気付かない振りして
黙って 黙って
どうせ
忘れた頃には
治っちゃうから

2004年07月26日

*必要な人に


赤ちゃんが
歯固めや
がらがらで
遊んでいる
このおもちゃも
すぐに
必要なくなる

大人も同じだ
昨日まで
必要だったものが
今日は
必要なくなっている

必要のないものに
囲まれていないで
必要な人に
使ってもらうのもいい  

2004年07月26日

*女神様


パソコンをつけて
最初に見る掲示板を
クリックした

風さんからの書き込みの中に
ケロン太ママさんのお名前を見つけた
私の頭に浮かんだのは
「ケロン太ママさんは女神様
風さんと出会わせて下さった女神様」

ケロン太ママさんがHPを開設してすぐに
風さんとも知り合えて・・・
他にもね
お二人と知り合うもっと前から
とっても素敵な
いろんな人たちと知り合えて
ネットって、す・ご・い・です

私、今までにね
掲示板に書き込んで下さった方に
すぐメールしたのは
ケロン太ママさんだけなんですよ
私がどうしてメールをしたくなったのか
その謎はすぐに解けました。
思った通り
あなたは「凄い人!」だったんですね
あなたからの絵手紙を
友だちに見せながら
「凄いでしょ」って自慢して・・・

ケロン太ママさんは
女神様だったんだね
だから私
女神様にメールしたくなったんだ

2004年07月26日

*コースを変えよう


「コース変えよう運命だって変えられる」

下手な句が
良い句になったとしても
私の思いは
この言葉
添削は
出来ない

数ヶ月前から
「手や足がしびれるんだよ
こっち半分だけがしびれるんだよ」
「この頃、忘れちゃって困るんだよ」
何べんも何べんも
言っていた義母

平成十六年 六月八日
「今日医者で
軽い脳梗塞って言われたから
お薬貰って来るね」
息子と一緒に
お坊さんの所に出かけようとしていた時
義母はそう言った

お寺に行って
聞きたいと思っていたことを
聞き終えた後
この頃おばあちゃん「忘れて困る」って
言うんですけど
と言うとお坊さんは「脳梗塞だ」とすぐに答えた
どうしたらいいか聞くと
「怒らせないこと」
「分かった分かったって聞いていればいい」
「気を付けないと寝たきりになるからな」

偶然にも
そこへ兄が
調子が悪いと言う父を連れてやって来た
私と息子はそのまま父や兄と一緒に
お坊さんのお話を聞かせてもらった
平成十六年 六月八日
この日は偶然が重なって
今度は
父の世話をしている母のことを
「このままだと三ヶ月で寝たきりになる」
と、お坊さんに言われた

二回目の手術後に家に戻った父の面倒を
見るようになった母は
一ヶ月もしないうちに
すっかり痩せてしまっていた
自分のことだけでも大変だった母だ

「このままだと・・・」
私の目にだって
そう見える
“このまま“のコースは
変えなければならない
運命を変える為に

2004年07月26日

*“最高”の人


「実家に行って来ます」って
言った時
お願い
「何かあったの?」なんて
聞かないで
ニッコリ笑って
「行ってらっしゃい」って
言ってくれたら
“合格”
「ゆっくり
行ってらっしゃい」って
言ってくれたら
“最高”

わたしも
出来ることなら
“最高”の人に
なりたいよ

2004年07月26日

*変えられる


「コース変えよう運命だって変えられる」

「首の何番のところが
おかしい」とかって
「百年以上経つ樹を
三、四本切っただろ」って
「手術しなきゃ治らない」って
父の顔を見ただけで
お坊さんがおっしゃったことは
全部当たっていました
あれから何年経ったでしょう
私たちは今も
お坊様に守っていただいています

また、父を診てもらいに行ったはずなのに
父の介護で
すっかり痩せてしまった母の方が
危ないと言われて
嫁ぎ先の母のことも
気を付けないと寝たきりになると言われた
一つと思っていた爆弾
二つもいっぺんに追加されて・・・

でも、良かった
これで、みんなで気を付けてやれる

「コース変えよう運命だって変えられる」
いつもこの句を胸にして
私は守ります
私の大切な
人たち

2004年07月26日

・・☆


   詩の小部屋「風香の詩」

[] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12]


[「風香の詩一覧」全部集めて載せています・・☆]