蝶の舞う丘「ホームページ一覧」 - 詩の小部屋 

風香の詩6のパート8

*年

  
写真を見せたら
「わかーい!」って
わたしのこと
みんなが口々に
言ってたって

うれしい〜

わたしが
年を取るのを
やめたのは
いつあなたに会っても
困らないようにです

2004年10月20日 21時23分37秒
*父の存在

  
本当なら
命を落としていたと
父は話す
若い頃
死を免れたことが
三度あったと言う
運のいい人
父が居なかったら
存在しない
私の運の良さでもある
そして私の
子供たちの運の良さ
これから
生まれて来るであろう
私の子供たちの子供
父の存在があったから
生まれることが出来る
新しい命

2004年10月20日 21時22分45秒
*童心

  
詩を作ったのは
私では
ありません

私の中に住む
私の童心が
勝手に私の頭を使って
言葉にするのです
私はただ
その言葉を
ひとつひとつ
つなげて行く
だけなのです

詩を作ったのは
私では
ありません

2004年10月20日 21時21分44秒
*その方は

  
たまたま行ったお店が
定休日だったから
ここに来たと
その方は言った
たまたま展示会をしていたから
見に来たと言った

私の詩を読んで
感動したと言った

私が口にした名前を聞いて
知ってる名前と言った

その方から聞いた
ご主人の名前は
私も知っていた

数年前から夫がパソコンで
年賀状の宛先を印刷するまで
二十年もの間
夫の年賀状の宛先を書いていた私である
その方も同じだと言う

その方のご主人と
私の夫は同じ会社で
年賀状を出し合う仲

数年前
お互いの夫が
一緒に禁煙を始めて
一緒に断念した仲

その方と私は
会ったばかりなのに
もう何年も前からの知り合いのように
話が弾んだ

彼女と私は
お互いの夫の名前で
年賀状を交換していた仲だったのだ

2004年10月20日 21時20分54秒
*いつも心に

  
「また会おう」
って言って
会わずにいたことが
悔やまれます
先は長いんだから
いつでも会えると
思っていたから・・・

あなたの方からは
私が見えるかも
知れないけれど
私の方からは
あなたが見えない

でも
いつでもいます
私の心に
あなたはいます

2004年10月20日 21時20分00秒
*私の落ち度

  
「あの人に
こう言われた」
じゃなくて
「この人に
こう言われた」
じゃなくて

あの人に
あんなことを
言わせてしまった
この人に
こんなことを
言わせてしまった

言わせてしまった
私の落ち度

2004年10月20日 21時18分54秒
*生きること

  
あんなに暑かったのに
今日は寒い

厳しい季節の中
生きるとは
こんなにも大変なこと

そう簡単には
生きられないから
だからこそ
生きてみる価値がある
そうなんですね

2004年10月20日 21時17分34秒
*休み明け

  
心と体に
言い聞かせる

いつ誰に会っても
いいように
いつ誰が来ても
いいように
いつでもすぐに
出掛けられるように

さ〜
ぼやぼやしていちゃ
いられない 

2004年10月20日 21時15分29秒
*自由を

  
過去の可哀想な私に
今の半分でいいから
自由を
わけてあげたい

未来の自由な私から
もう少しだけでいいから
自由を
わけてもらいたい

2004年10月20日 21時11分42秒
*もういいじゃない

  
あれもこれもって
もうがんばらなくても
いいじゃない

あれだけで
これだけで
もう十分じゃない

ゆっくり歩いても
立ち止まっても
もういいじゃない

2004年10月20日 21時08分17秒
・・☆

  
   詩の小部屋「風香の詩」

[] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12]


[「風香の詩一覧」全部集めて載せています・・☆]