蝶の舞う丘「ホームページ一覧」 - 詩の小部屋 

風香の詩7のパート5

*太陽のように

  
誰にでも
分けへだてなく
降りそそぐ
太陽のように
なれたらいいな

わたしも
あなたのように
そうなりたいな

つづられた文字が
私の心を動かす
きのう届いた
やさしいお便り

2005年04月02日 23時20分30秒
*冬から春へ

  
長かった一月が
終わりに近付いて来ると
立春が待ち遠しくて
その立春が過ぎても
実はまだまだ冬の中
寒いのにも
いい加減うんざりした頃

でも、大丈夫
その二月は
一年の中で
一番短く出来ているのです

そして、春三月
別れの日が
一日でも遅くなるように
長いのです
みんなが困ることがないように
ちゃ〜んとうまく
出来ているのです

2005年04月02日 23時19分50秒
*「私の心に あなたはいます」

  
昨年の夏
友人が亡くなりました
秋になって
私の元に届いたのは
「突然亡くなった」という知らせ
そのことを書いた詩が
“いつも心に”

「また会おう」
って言って
会わずにいたことが
悔やまれます
先は長いんだから
いつでも会えると
思っていたから・・・

あなたの方からは
私が見えるかも
知れないけれど
私の方からは
あなたが見えない
でも
いつでもいます
私の心に
あなたはいます


これを書くことで
心が楽になれました
それでもやはり
別れは辛い
今まで何人見送ったでしょう
それでもやはり
「私の心に
あなたはいます」

2005年04月02日 23時18分56秒
*人も景色も

  
何も見えなくなってしまう
真っ暗よりも
薄っすら見える
時がいい

太陽が沈んでしまう
少し前
何もかも
見えなくなってしまう
少し前

人も景色も
少し見える
時がいい

2005年04月02日 23時18分12秒
*スペシャルオリンピックス

  
開会式を終えて
遅くに帰宅した夫
「あした雪が降ったら
五時半には出かけるから
早く起きてくれよ」
だなんて・・・
「お魚釣りなら独りで起きて行くじゃない」って
冷たい奥さんは
そんなことを言う

翌日、まだみんなが寝静まる中
独りバタバタやっている足音
どうしたかな〜?って
起きてみると
雪の中に車のライトが見えた
私は家の中から
そのライトを見送った
「がんばってね」と
心でつぶやきながら・・・

朝早く起こされたら
「何よ、こんなに早く起こして」って思うのに・・・
「起こしてくれたら良かったのに」
だなんてね

2005年04月02日 23時17分22秒
*春は一歩ずつ  

  
幼い子どもには
愛情をかけてあげなければ
いけないように
疲れてるお父さんには
お休みさせてあげなければ
いけないように
お腹が減ったら
食べてやらなければいけない
眠くなったら
寝てやらなければいけない
疲れたら
休んでやらなければいけない
無理をさせてはいけないのだ

春になったと思ったら
また冬に逆戻り
こうして
本当の春がやって来る
冬からいっぺんに
春になればいいだなんて
それは無理というものだ
春は一歩ずつ

無理なんかしなくても
春は必ず
やって来てくれるから
無理なんかしなくていいんだ

2005年04月02日 23時16分32秒
*素敵な今に

  
一番輝いていた頃を
もう一度
思い出してみようよ
思い出せたら
あの頃の
気持ちになって
あの頃と同じことを
してみようか
おしゃれして
同じ場所へ
出掛けてみようか
あの頃とは違う
もっと素敵な今に
出会えるかもしれない

2005年04月02日 23時15分45秒
*人の重さ

  
同じ言葉なのに
冗談と軽く
笑える時もあれば
心に重い時もある

同じ体なのに
身軽に楽しく
動ける時もあれば
重く感じる時もある

同じ場所なのに
爽やかな風が
吹いてる時もあれば
重い空気の時もある

その時々で違う重さ
でも、どんな場合も
変わらない
この地球に生きる
人としての
人の重さ

2005年04月02日 23時14分53秒
*メールマガジン

  
私が配信している
メールマガジンの題は
「風香の詩と川柳」
ただ今
配信件数八十五件
つい先日
八十五件だったのが
八十四件になった時
小三の娘が
「お母さん、わたしも入る」って・・・
可哀想って
思われちゃったかな
娘の優しさに包まれて
守られて
決して
ゼロになることはない
私のメールマガジン

2005年04月02日 23時14分14秒
*何度でも

  
同じこと
何度も何度も
話すのは
あなたに聞いて
ほしいから
分かってくれる
人だから

何度でも
何度でも
いいよね

2005年04月02日 23時13分06秒
詩の小部屋「風香の詩」全部集めて載せています・・☆

  

[1-1] [1-2] [1-3] [1-4] [1-5] [1-6] [1-7] [1-8] [1-9] [1-10]

[2-1] [2-2] [2-3] [2-4] [2-5] [2-6] [2-7] [2-8] [2-9] [2-10]

[3-1] [3-2] [3-3] [3-4] [3-5] [3-6] [3-7] [3-8] [3-9] [3-10]

[4-1] [4-2] [4-3] [4-4] [4-5] [4-6] [4-7] [4-8] [4-9] [4-10]

[5-1] [5-2] [5-3] [5-4] [5-5] [5-6] [5-7] [5-8] [5-9] [5-10]

[6-1] [6-2] [6-3] [6-4] [6-5] [6-6] [6-7] [6-8] [6-9] [6-10]

[7-1] [7-2] [7-3] [7-4] [7-5] [7-6] [7-7] [7-8] [7-9] [7-10]

[8-1] [8-2] [8-3] [8-4] [8-5] [8-6] [8-7] [8-8] [8-9] [8-10]

[9-1] [9-2] [9-3] [9-4] [9-5] [9-6] [9-7] [9-8] [9-9] [9-10]

[10-1] [10-2] [10-3] [10-4] [10-5] [10-6] [10-7] [10-8] [10-9] [10-10]

[11-1] [11-2] [11-3] [11-4] [11-5] [11-6] [11-7] [11-8] [11-9] [11-10]

[12-1] [12-2] [12-3] [12-4] [12-5] [12-6] [12-7] [12-8]


[☆詩の小部屋「風香の詩」]

☆・・ご覧頂きありがとうございました。


ホームへ