蝶の舞う丘「ホームページ一覧」 - 詩の小部屋 

風香の詩8のパート3

*時の流れ

  
不思議だね
私だけの
ものじゃなくていいし
皆愛していていいし
不思議だね
ただ時が
ずい分流れた
だけのこと

不思議だね
居ないあなたが
私の中に居て
いつも心は穏やかで
不思議だね
ただ時が
いつしか流れた
だけのこと

2005年12月06日 21時21分10秒
*時間

  
言いたいことが
言えて
やりたくないことは
やらなくて
それが自然で
それが当たり前と
思えるように
なるまでに
かかった時間
その当たり前のことが
出来るまでに
かかった時間
自分ではない自分を
過ごして来てしまった
時間
これから先
本当の自分を
過ごして行かれる時間

2005年12月06日 21時24分02秒
*求めれば

  
ご飯は
炊飯器に任せて
洗濯は
洗濯機に任せたから
お掃除も
スイッチひとつで
掃除機が勝手に
してくれる日を夢見る

人が人である為の
少しの不便さえ
残さずに
便利だけを求めたら
そのうち
人が居なくても
困らない日が
来てしまう

困らないという
困る日がやがて訪れる

2005年12月06日 21時25分12秒
*言葉は要らない

  
相手を思いやる心が

あるならば

その間に

言葉は要らない


誤解

それは有り得ない


そんなはずはない

何かの間違いと

思うから

2005年12月06日 21時26分06秒
*花火

  
いつも見ていた
花火だけで
十分だった
十分だったから
他へ行く必要は
なかった

この場所から
少し踏み出しただけで
そこに
別世界があることも
知らず

生きていても
仕方ないなんて
そんなことはない

2005年12月06日 21時27分17秒
*忘れていた心

  
黄色い蝶が
私を誘う
子供の頃に連れ戻す
楽な道ばかりを
歩いている私に
黄色い蝶が
思い出させて
くれました

あなたはもっと
頑張っていたじゃない
あなたはもっと
やさしかったじゃない
忘れていた心
思い出させてくれた蝶

2005年12月06日 21時28分06秒
*大きな樹

  
ここは“お伽の国”

数千年は生きて来た

大きな大きな

大きな樹


そこに集まる妖精たち

私がカメラを向けたら

みんな一気に消えちゃった


ふふぅ〜

恐がらなくてもいいのにね

きれいに撮ってあげたのに

2005年12月06日 21時29分02秒
*あの頃


p004 あの頃


*あの頃

百になるまでと

思っていたのに

百を越えた所には

千を望む私がいた


千を望む私に

もう一度

思い出させる

百を願った

あの頃を

2005年12月06日 21時30分10秒
*遠い空

  
私にやさしい

あの人は

誰にもやさしい

人だから

独り占めなんか

出来ません


多くの人を

幸せに

してるあなたの

幸せを

私は祈る

遠い空

2005年12月06日 21時31分14秒
*百歳までの道のり

  
「立派な
おばあちゃんね
百までは生かして
おきなさいよ」って
友人

おばあちゃん
ただ今「八十三歳」
戌年

百歳までの道のりは
まだまだ
これから

2005年12月06日 21時32分26秒


☆詩の小部屋「風香の詩」

ホーム へ