蝶の舞う丘「ホームページ一覧」 - 詩の小部屋 

風香の詩8のパート6

*風

  
入る隙間もない心が

やさしい風を

受け入れた

ジワジワ

入って来た風は

私の心

和らげた

2006年05月09日 21時16分25秒
*パソコン

  
疲れていても
あなたと一緒だと
無理をしてしまう
何もかも後回しにして
あなたを
見ていたくなったり
時にはあなたを
放ったらかしにしてしまう
私だけれど・・・

人生は
こんなにも楽しいよって
教えてくれた
あなた
素敵な人たちに
出会わせてくれた
あなた

あなたなしで
生きて行くことは
もう
無理だと思う

2006年05月09日 21時18分30秒
*コラボ

  
良いとこと
良いところとを
くっつけて
一緒にしたら
三倍素敵に
なりました

わたし見て
きれいと言って
くれたから
わたしは五倍
あなた好みに
輝いた

2006年05月09日 21時19分39秒
*一緒になって 

  
とても良いとは思えない
今日の私の出来事も
これからこの先数十年
生かされているその為に
良くなることの一つなら
ありがとねって
受け入れようか

幸せなんて程遠い
今まで生きて来た道も
地球がバランス取りながら
回っていられるその為に
必要なことの一つなら
一緒になって
回って行くさ

2006年05月09日 21時20分26秒
*お日様

  
ここだけを中心に
照らしていると思ってた
お日様は
実は私が眠っている間に
地球の裏側まで行って
照らしていたっていう落ち

誰にでもやさしくて
あたたか〜い 
お日様
お・か・え・り・な・さ・い

2006年05月09日 21時21分18秒
*このままずっと

  
君はここで
咲いててくれる
だけでいい
変わらずずっと
ただ居て欲しい

いいよって
ただそれだけを
聞きたくて
だから私は
頑張れていた

君がまだ
咲いてる時よ
お願いだ
このままずっと
止まっておくれ

2006年05月09日 21時22分14秒
*山茶花

  
きれいに咲いた花を
誇らしげに
表舞台に立たせて
そっと後ろで
控えている葉が
何だか
適齢期を迎えた娘と
娘を見守る
母親のように思えて
山茶花を見つめながら
成長した娘と
重ねていた

私もまた
娘を誇らしく思う
この山茶花の
葉のように

2006年05月09日 21時23分03秒
*淡いピンクのシクラメン

  
結婚して二十四年
四十九回目の
バースデーの少し前
廊下に置かれた
淡いピンクの
シクラメン
「お母さんにって
お父さんが
買ったんだよ」と娘
これは私の好きな色
襖一枚へだてた
向こうから
「俺の好きな
色なんだ」と
夫の声が返って来た
な〜んだ
知っていたのかと
思ったのに・・・

2006年05月09日 21時24分00秒
*きれいな目

  
君があんまり
素敵だからって
よく知らないで
欲しくなったり
なんかしてさ

お金さえ出せば
何だって
手に入れられる
だなんてね

人はもう
救ってなんか
貰えないよ
人以外は みんな
きれいな目をしてる

2006年05月09日 21時24分51秒
*宿命大殺界

  
娘に頼んで
買って来てもらっていたのに
あの時は目が痛くて
読むことが出来なかった
片付け途中の引き出しの中
数ヶ月ぶりに手にした
細木さんの「宿命大殺界」
一家中の宿命大殺界を出して
ついでに遊びに来た
友だちと友だちの家族の分も
出してあげてから
もしかしたらと
パソコンで検索したら
生年月日と男か女かを入れる
たったそれだけで
すぐに出て来た
私の宿命大殺界
時間を掛けて
調べていたのにね

2006年05月09日 21時25分36秒

  
   詩の小部屋「風香の詩」

[] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12]


[「風香の詩一覧」全部集めて載せています・・☆]