蝶の舞う丘「ホームページ一覧」 - 詩の小部屋 

風香の詩8のパート8

*いつだって初めて

  
みんなに優しいのに
あなたにだけ
優しくありません
いつもしていることが
いつの間に
当たり前に
なってしまうのは
嫌だから

いつだって
今は初めて

笑顔を向けたら
笑顔を返して欲しい

2006年11月06日 20時48分21秒
*樹の心

  
清々したねって…
確かに
青い空は見えるように
なったけど…

私たちが生まれる
ず〜っと前から
強い陽射しを
さえぎって
強い風を
一身に受けて
私たちの生活を守って
生きていた
言葉を持たない
ものたちの心を
もっと多くの人が
理解することが
出来たなら

2006年11月06日 20時53分00秒
*約束

  
「一円の稼ぎもないのに
安いとか高いなんて
言えないだろう」って?
二十五年前
「会社を辞めて
家に入って欲しい」
と言ったのは
どこの誰だったかな
そこのところ
もしかして
忘れた?

その 結婚する前
「子どもは五人欲しい」と言ったのに
四人目で突然「もう四人でやめだ」
と言い出したけど
私は諦めなかった
八年ぶりに
五人目の子も生んで
生まれた子は娘で
その娘も十歳になって
どう
正解だったでしょう

結婚する前に
私が聞いたことは
約束だったんだよね

2006年11月06日 20時54分23秒
*出来なくていい

  
その方がいいから
そうなって
いるんだから
何も無理なんか
しなくていい

動物が
病気を治す時のように
ジッとしていることが
大切な時もある

出来ない時は
出来なくていい
出来ない方がいい

2006年11月06日 20時56分47秒
*変わる 

  
季節が変わる

その中で

人の心も変わる

現実も

変わっていく

良い方にも

悪い方にも

わたし次第で

どのようにでも

変わっていく

2006年11月06日 20時58分04秒
*灯り


k113-f8-76.灯り


*灯り

闇を照らす灯りが
ひとつ ふたつ 三つ
四つ 五つ 六つ 
いっぱい

これだけ
照らしてくれたなら
迷うことはないのにね
私は時々迷います
どちらにしようか
迷ったり
答えが見えなかったり

少しだけでいいです
灯りを下さい
私の進む道の
ヒントになる灯りを

2006年11月06日 20時59分24秒
*今を頑張る

  
過ぎてしまったことが
どうだったかなんて
そんなことは
もういいの
今はどう?
これからはどうする?
それが大事

少しだけ背伸びして
今を頑張って
いずれ今となる未来に
灯りをともしておく
これって
どうだろう

2006年11月06日 21時00分20秒
*のんびり

  
何をしているのかって
何もしちゃいないさ
何を考えてるのかって
何も考えてなんかいない

食べて休んで動いて
ホラ
人間と同じだろ
違うのは
何も持たずに
自然の中だけで
のんびり
生きてるってことさ

何も持たなければ
ホラ
こんなに楽に生きられる

2006年11月06日 21時02分00秒
*今日が大丈夫なら

  
その時どきで
本音を言ったり
建て前を
言ったりするから
答えが全く
正反対だったりしてる

建て前を
言ってるうちは
まだ大丈夫だね
見えない明日のことを
心配しても
仕方ないのなら
今日が大丈夫なら
いいとしておこう

2006年11月06日 21時02分56秒
*働き者

  
「親に金出して貰って
遊んでいるなんて
考えられない」と
息子が大学を
やめると言い出した

「この子は働き者だ
しっかりした子だ
子どもの芽を
摘んではいけない
好きにさせてやれ」と
お坊さま

息子がまだ
小学生だった頃
「母ちゃん
働きに行けば」
よくそんなことを
言われたものだ

2006年11月06日 21時03分40秒

  
   詩の小部屋「風香の詩」

[] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12]


[「風香の詩一覧」全部集めて載せています・・☆]