蝶の舞う丘「ホームページ一覧」 - 詩の小部屋 

風香の詩9のパート3

*やるべき事

  
慌ててやった
突貫工事の為に
取り戻せない事がある

後悔しないように
その時その時の
やるべき事を終えて
次に移るのは
それからなのに

今、何をすべきか
ちゃ〜んと丁寧に
教えてくれているのに
今の生活をするだけで
いっぱいいっぱいの
時間の中で
やる事を放っておいて
手を出したくなる事に
いつも出会ってしまう

でも、体が教えてる
もうダメだよって・・・

2006年11月14日 10時09分41秒
*見えない自分

  
自分では
決められない服を
息子と娘が
あっと言う間に
決めたから
あっと言う間に
買えました
一人で考えないで
人の意見を聞くのが
早いんだよね

人のことは
よく見えるんだけど
自分のことは
鏡を見ても
一部しか
見えないのが
当たり前
一人で考えないで
人の意見を聞くのが
一番だよね

2006年11月14日 10時10分31秒
*居場所

  
 k1594.3-f9-23.居場所


*居場所

夫が私と比べて
娘を誉めたら
居場所をなくす様に
私が息子を誉めたら
夫は居場所を
なくすのかも知れない

父を誉めた時
母を誉めた時
兄を誉めた時
友人を誉めた時
誰かを誉めた時
相手の居場所は
あっただろうか

2006年11月14日 10時12分44秒
*お便り

  
光司さんからのお手紙を

封筒に戻して

喜久ちゃんからの

おハガキも一緒に入れて

封筒とおでこを

同時に動かし

目を閉じて

くっついたところで

「ありがとうございます」

とつぶやく

そんな嬉しいお便り

2006年11月14日 10時13分31秒
*時を掛けて

  
緑の葉はやがて
紅い葉へと変わる
ゆっくり
時間を掛け
たっぷり
時を掛けて
見ている方の目にも
違和感を
与えることなく
少しずつだけれど
確実に変化して行く
その姿がいい
そんな姿がいいな〜

2006年11月14日 10時14分27秒
*まあるいお付き合い

  
大切な事でなければ
耳に入れない方が
いいって
家族のことなら
ちゃ〜んと
分かっているのに

家族以外の人だと
黙っているのは
嫌だからって
話さなくていい事まで
話したりして・・・

相手を思いやる
まあるい まあるい
お付き合いは
家族も友だちも
一緒だね

2006年11月14日 10時15分06秒
*お疲れモード

  
娘のクラス担任から
方々から「あくび」
ちょっとお疲れモード
しっかり睡眠に
入ってしまう人も・・・
というお便り

大人ばかりか
子どもまで
お疲れモード

普通にしていたら
疲れてしまう中に
子どもたちは居る
気を付けなければ
ならない中に
子どもたちは居る

2006年11月14日 10時15分50秒
*本物だから

  
忙しい中でも

何はさて置いても

やりたいことがある

本物だからね


やり残したこと

忘れてしまったことは

またでいい

出来る時が来たら

出来るだろうし

そのまま通り過ぎたら

それもまたいい

2006年11月14日 10時16分23秒
*進む道

  
本当はね
いついかなる時にでも
こうした方がいい
やめた方がいい
それは良いことだと
進む道を
教えてくれている

ただそれに気付かずに
違う方に行って
失敗してしまったり
まだ答えが出ていないのに
慌てて行動してしまったり

いろんなことに
耳を澄ませていたら
感じさせてくれたり
進む道を教えて
くれていることに
気が付く
な〜んだ人生って
ちゃ〜んと困らないように
なっていたんだと
今更ながら気が付く

2006年11月14日 10時17分17秒
*話のついでに

  
「お母さん
体の調子が悪くて
お父さんと一緒だった
会社を辞めて
違う会社に行き始めた頃
知らない人ばかりの中で
とっても寂しかったの
そんな時
お父さんが車で通りかかって
声を掛けてくれたのよ
お母さん、お父さんのこと
神様のように思った」
何かの話のついでに
娘と夫に話した

いつも口喧嘩ばかりしている
父親と母親の間に
そんなことがあっただなんて
子どもたちは知らない

夫も私の思いは知らないし
もうとっくに
そんなことは忘れている

今までの空気とは違う
やわらかな空気が流れ始めた

2006年11月14日 10時18分06秒


☆詩の小部屋「風香の詩」

ホーム へ