蝶の舞う丘「ホームページ一覧」 - 詩の小部屋 

>
風香の詩9のパート7

*時の流れに乗って

  
生きるとは
沈んで行った太陽が
翌朝には
必ず出て来るというような
訳には行かないから
いつも通り
寝ることが出来て
目覚められたら
それだけでいい

生きる姿
老いる姿
死に行く姿を
自然の中で
見させてもらいながら
今日も無事に
生きられたらいい

時の流れに乗って
私もまた
その道をたどる

2007年06月27日 12時21分29秒
*それぞれの道

  
消してしまいたい
あれやこれが
あったからこそ
今があることを思えば
今もまた
面倒な部分から
逃げる訳には
いかない
私が通らなければ
ならない道
与えられた
それぞれの道

2007年06月27日 12時23分27秒
*人間は欲張り


p002 人間は欲張り


*人間は欲張り

抱えきれずに

身動きが

とれない

守るために

心を痛める

人間は

欲張りすぎる

どうせみんな

置いて

いくものなのに

2007年06月27日 12時24分44秒
*リフォーム

  
結婚して一年後
新居である
離れは出来たけど
キッチンとお風呂が
おばあちゃんの居る
母屋にあるから
結局離れ以外は
自由に出来なくて
二十五年経った今
キッチンのリフォーム
おばあちゃんの身長に
合わせて作られた
低い流しから
ようやく開放された
ずっと痛かった首に
「ごめんなさい」
「お疲れ様でした」

2007年06月27日 12時25分56秒
*何もいらない

  
もし私に
何かを下さるのなら
猫にあげる餌か
犬にあげる餌
インコにあげる餌
あるいは
仏様にあげるお線香を
下さい
もう
置く場所がありません
広い家の中に
私の物を置く場所が
どこにも
見当たりません
それに
もう何もいらない

2007年06月27日 12時26分54秒
*片付け

  
片付くと

気持ちがいいけれど

何日も何日も

家族の物まで

片付けていると

自分自身も片付けて

しまいたくなるね

あんまり

きちんとしない方が

良いのかも知れないね

少しだらしない位で

丁度いいね

2007年06月27日 12時28分07秒
*ず〜っと

  
男の人は
夫婦二人三脚でって
思っているのかな
女は違うよ
子どもが自立したら
自由でいたい
いつまでも自立しない
大きな息子の面倒は
もうたくさんなのよ

女はいくつになっても
ときめいていたい
やさしくて
恋人みたいな
旦那様の面倒なら
ず〜っとみてあげても
良いかもね

2007年06月27日 12時29分36秒
*自然に任せて

  
自分が

やらなければ

だなんて

思うことはない

自然に任せて

生きていたらいい

それだけだ

2007年06月27日 12時30分33秒
*本当は

  
話したいんだけど
これを言ったら
何て言うかが
分かっちゃうから
話す気に
なれないんだよね

話さなきゃ
いけないんだけど
これを言ったら
言われることは
分かっているから
話さないんだよね

ただ聞く
ということを私に
教えてくれている

2007年06月27日 12時31分43秒
*十年先の元気

  
今、一緒懸命
やることも
大事だけれど
あしたの私が
元気であることの方が
大事だよって
思う
十年先の私が
元気であることの方が
大事だよって
思う

十年先のあなたが
元気であることの方が
大事だよ
なんて
ふと
思ったりしてね

2007年06月27日 12時32分54秒

☆詩の小部屋「風香の詩」

ホーム へ