蝶の舞う丘「ホームページ一覧」 - 川柳の小部屋 

「風香・心の詩」photo/香枝流カードの短歌

第四弾


d011 いつあなたに会っても困らないように 年を取るのはもうやめにする

d019 疑っていたら切りないことだから だまされたって信じていたい

d050 幸せは小さな幸の積み重ね 何もなかったことの幸せ

d052 ひとつだけ叶えてやると言われたら 迷わず君の幸せ願う

第五弾


e001 こころのキズ差別があるからできるんだ みんな心をピカピカにしよう -みささん作-

第八弾


h017 車から降りてあなたとあの頃を 少し話してみたい夕暮れ

h034 物思いに沈む夕日を見つめてる 君の心をのぞいて見たい

h038 会いたくて早く過ぎてと願ったり 止まって欲しいと願ってみたり

第九弾


i014 いつも見ている色と違うそれだけで 違う世界を見ているみたい

i017 届かなくなって初めて知る痛み 空気みたいに大切な人

i019 いろいろな思い胸にはあるけれど 過去の私はもう見あたらず

i023 きれいなものいっぱい見せてくれる秋 拾い集めて心に仕舞う

i027 ポケットに詰めて帰った思い出を 出して仕舞ってまた出してます

i031 いつだって私が私であることを そっと見守り教えてくれる

i034 皆同じ制服姿の子供等の 中から捜す我が子を捜す

第十弾


j001 すこしずつずらして時をいくつもの 時計が刻む私の為に

j016 駆けぬけて来た人生に卒業し あとはゆっくり行こうじゃないか

j019 寒くなる前の楽しい時過ごす 幸せな秋幸せな時

j021 どんな日も見守る月のやさしさと どこか似ているあなたの笑顔

j038 ゆるめてもどこかピーンと一つだけ 張っておきたい心の糸を

第十一弾


k013 あの頃のものはどこにも無いけれど 思い出ここにいつまでもある

k031 久しぶりに帰った兄に「おにいちゃん」と 幼い妹言って離れず

k033 食べさせて貰う代わりにない自由 繕った羽背中に仕舞う

第十二弾


l001どんな日も見守る月のやさしさと どこか似ているあなたの笑顔

l010花開くことを願って待っている 思いを馳せてる時の幸せ

l016目の前の煌めく灯りのその中に 遠いあの日のあなたと私

第十三弾


m006寝ていても君の話は聞いている ボクってきっと天才かもね

m009浮かぶ葉に短い命守られて 美しく咲く睡蓮の花

第十八弾


r003 幼い頃祖母から聞いた戦争は 遠くなったが平和も遠い

r006 アパートに独り残して来た息子 桜見守る静かな別れ

r007 シナリオが出来てたなんて知らないで 罠にかかった小鳥が一羽

第十九弾


s004 咲く花の色と香りに誘われて 蝶の気分で春を楽しむ

s012 これ済めばもうお終いと思っても 終わらぬうちに次が待ってる

s016 子どもの頃一緒に遊んだあの頃が 昨日のことのように思えて

第二十弾


t001 踏み台にして旅立っていく子どもにも 気を付けてねと笑顔を送る

t016 窓際に吊るされなくて風鈴の 溜まるストレス取れぬまま秋

第二十一弾


u006 悪いことばかりなんかじゃなかったと 振り返りみる私の歴史

第二十二弾


v005 お釈迦様の手のひらの上で守られて 自由自在に水は転がる

v008 凍る身のわずかに解けた水滴の 思い描いた夢叶う時

v011 見るからに気の合う二人合いそうで やはり合わないジグソーパズル

第二十三弾


w016 間違えて仕舞っておいたストレスは 捨てて来ましょう素敵なところ

w017 素晴らしいあなたの花が開くとき 膨らませてる大きな蕾

第二十四弾


x011 立ち回るその場しのぎの偽りで 終わるはずなし償いなしに

第二十五弾


z005 母親は当たり易いし言い易い 見て見ぬ振りに騙された振り

z015 いろいろな思い思えば思うほど 巡る思いの果てしなきかな

z016 いつだってスキップしたくなるような 心ず〜っと保っていたい

第二十六弾


z001 心込め作ったダルマそれぞれに 行く先々で幸せ願う

z002 ひとつずつ心を込めた手作りの ダルマ幸せあなたに運ぶ

z003 あちらこちらダルマ出向いて幸せの 輪を広げます和になるように

z004 起き上がる度にダルマは強くなる 大きくなあれ優しくなあれ

z006 あの時と同じ同じ日同じ時 おんなじ場所であなたと一緒

z020 良い時を見つめてくれる人がいる ほんのわずかな一時だけど

z025 タンポポの綿毛がそっとささやいた 高いお空に飛ばしておくれ

第二十七弾


A005 いろんな人居るから人生面白い あるから人生やって行かれる

第二十八弾


B008 疲れたなたまには少し伸ばしたい 羽を仕舞って家路へ急ぐ

B018 昨日まで咲いてた桜散るように 未練残さず君は旅立つ

第二十九弾


C011 見守りつつ見守られたりそれぞれに 互いを思い今ここに立つ

C016 あの人があって今ある私たち 何があっても大切な人

C017 いっぺんに押し寄せて来た悲しみは きっと一度に去って行くわね

C018 慎ましく欲張らないで普通にね 自然のままに流れのままに

C019 すぐに散る運命と知り咲く花よ せめて命のある限り咲け

第三十一弾


E014 幸せは小さな幸の積み重ね 何もなったことの幸せ

E016 この海と共に過ごして来た人の 想いがここに染まる夕暮れ

E017 何もかも受け止めようと海を見る 生まれ変わって聞く波の音

第三十二弾


F020 ひらひらと桜の花の舞う中を 君は見事に駆け抜けて逝く

第三十★弾


★00






☆川柳の小部屋

ホーム へ