蝶の舞う丘「ホームページ一覧」 - 詩の小部屋 

風香の詩1のパート2

*あかんのや


手ぇ出したら
あかんのや

子どもでも
年寄りでも
連れ合いでも
おんなじや

自分でやんなきゃ
あかんのや
やってくれる人が
居なくなった時
困らないように
それが
愛情なんやでぇ

2002年06月14日

*考えないようにして


感情をおしころして
生きてかないと
生きてくことは
むずかしい

かわいそうなんて
思ったら
悲しいなんて
思ったら
寂しいなんて
思ったら
生きてくことは大変だ
なるべく
考えないようにして
生きていこう

同情は
相手と一緒に落ちていく
相手にとっても
自分にとっても
いいことなんて
何もない
・・・かも知れない

2002年06月14日

*春行きの切符


冬と言う
長いトンネルの先には
一体どんな春が
待っているのでしょう

あなたはもう
「春行きの切符」を
手にすることが
できましたか?

南から順番に貰える
この切符は
新しい
「春のおとずれ」

2002年06月14日

*あなたの笑顔が見たいだけ


あなたがいないと
困るけど
きっと何とかなるものよ
「捨てる神あれば
拾う神あり」
心配なんて何もない
あなたの幸せ考えて
頑張らなくて
いいんだよ

あなたには
笑顔が一番良く似合う

周りをいつも
癒してくれる
そんな笑顔が見たいだけ

2002年06月14日

*言葉の魔法


朝のあいさつ
「おはよう」と
いっしょにかける
魔法の言葉

おじいちゃんも
おばあちゃんも
「若いね」
「とても元気だねぇ」

お父さんは「カッコいい」
お母さんは「きれいだね」

みんな
「えらいね」
「おりこうだ」

魔法はすぐに解けるから
「おやすみなさい」も
やっぱりいっしょに
魔法の言葉

この次は
どんな魔法を
かけましょう?

2002年06月14日

*振り向けば父と母の愛


わたしは
前だけを見て
ひたすら進む
困難にぶつかると
立ち止まり振り返る

するとそこには
父が居る
力強く守ってくれる
父の変わらぬ愛がある

そしてそこには
母も居る
優しく包んでくれる
母の変わらぬ愛がある

2002年06月14日

*今を精一杯


昨日までは

ともかくとして


明日からは

ともかくとして


とにかく

今を

楽しみたい

今を

精一杯生きたい

2002年06月14日

*時折感じる空虚の中で


主人は単身赴任
そしてそんな中
巣立って行った息子

時折感じる空虚の中で
それを感じることの
出来る幸せを
かみしめている

今までにも
多くの人たちとの
出逢いと別れがあり
そのことを
悲しむことも多い中
それは以前に
幸せがあったからゆえの
悲しみそして空しさと
私は何もない人生で
ないことに
幸せを感じている

2002年06月14日

*アルバム


あなたが生まれる前の
アルバムには
あなたの知らない
我が家の歴史が
いっぱいいっぱい
詰まってる

末っ子と思われていた
四番目の子から
八年の歳月を経て
生まれた娘も
もう五歳

古いアルバムを見て
みんな「若い若い」と
目を丸くする

もっと見せてあげるよ
あなたの知らない
あなたの生まれる
前のアルバム

2002年06月14日

*本当の人の姿


人は
外見にこだわり
外見に惑わされ
外見で判断し
生きている

体の中に住む
本当の人の姿を
見ていない

本当の姿は
見えている
部分ではなく
見えない
部分にあることを
どれだけの人が
知っているでしょう

2002年06月14日

・・☆


   詩の小部屋「風香の詩」

[] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12]


[「風香の詩一覧」全部集めて載せています・・☆]