蝶の舞う丘「ホームページ一覧」 - 詩の小部屋 

風香の詩1のパート4

*のんびり生きようよ


毎日「忙しい 忙しい」と言いながら
あれをやったり
これをやったり

でも ちょっと手を休めて
よ〜く 考えてみて
あと五年したら
あなたの子供はどうなってる?
あなたの親はどうなってる?
あと十年したら
あなたの旦那様はどうなってる?
あなたの兄弟はどうなってる?

今やらなきゃ
できなくなってしまうこと
今やっとかなきゃ
いけないこと
今じゃなきゃ
楽しめないこと
それを優先すべきじゃないのかなぁ〜

今 あなたを忙しくさせてることって
あなたが今本当にやらなければならないことなのかなぁ〜?
人生は長いんだよ
先は長いんだよ
もっと 今を大切にして
もっとのんびり生きようよ

2002年06月14日

*結婚二十周年


単身赴任を終えて
三年半ぶりに戻って来た
夫が言いました
「もうすぐ結婚二十周年だから
かーちゃんに何か買ってやろう」

私は
「ずっと欲しいと思っていた
五番目の子供が産まれてしまったから
もう欲しい物は何もなくなってしまったの」

そんな折 壊れてしまったプリンタ
夫がまた言いました
「かーちゃんが今まで頑張ってくれたから
新しいプリンタを買ってやろう」
「壊れたのは修理に出して俺が使うから…」

しばらくして
夫が言いました
「かーちゃんの新しいパソコン買おう
それが二十周年のプレゼントだ」

私は
「私は無駄なことをするのは嫌なの
何で私が欲しがっていないのに
新しくしなきゃいけないの?」

夫はまた言いました
「デジタルカメラでかーちゃんに写真を撮って貰いたい
データ管理もして貰いたいんだ」
「かーちゃんのパソコンは今までお世話になった
ベトナムの会社で使って貰おう」

そう言った夫は
早速パソコンを買って来ました

2002年06月14日

*義母と娘と私


「この頃服を買ってないから
着るものがなくて
連れて行ってくれない」と義母
ちょうど娘の服も
買い替えの時期

娘も一緒に連れて行って
「さあ どれがいい?」と聞くと
「これとこれとこれも可愛い」
娘は決めるのが早い

義母はもう決まったかしら?
いえいえかごの中は
まだまだ空っぽ
聞いてみると
「いいと思うとサイズがなくて」
「これはちょっと袖が長いし」
「今日は見ておいて
またこの次にするわ」

義母は決して妥協はしない
少しでも気に入らないと
決して買わない
その代わり一度買ったら
もう着れなくなるまで
大切に大切に着るのだ

娘は決めるのが
早い代わりに
着なくなるのも
早いのだ

私は・・・
娘ほどではないけれど
義母ほどではないけれど



   *お買物(パート2)

「これとこれと
これも可愛い」
娘は決めるのが早い

「いいと思うと
サイズがなくて」
義母はまだ決まらない

義母は妥協はしない
気に入らないと
決して買わない
その代わり買ったら
もう着れなくなるまで
大切に大切に着るのだ

娘は決めるのが早い
着なくなるのも早い

私は、娘ほどでは
ないけれど
義母ほどでは
ないけれど

2002年06月14日

*壁


こんなこと言ったら
おかしい
こんなこと言ったら
笑われる

言いたいことが
言えなかったあの頃

目の前にあった
いくつもの壁

そんな目の前の壁が
少しずつ崩れ落ちて

自然でいいんだ
普通でいいんだ
そう思えた時

生きるのがとても
楽になりました

2002年06月14日

*私は風


私は風になる
爽やかなそよ風に
お花の香りを運ぶ
風になる

私は平和を
望んでいます
私は誰もが幸せで
あることを
望んでいます

それが私の幸せ

だからどうぞ
私を悲しませないで
だからどうぞ
私を怒らせないで

私は風
どんな風にも
変身できる
私は風

2002年06月14日

*話を聞いて


あの人にやられたと
あなたは言うけれど
あの人に言われたと
あなたは言うけれど

相手を攻める前に
考えて欲しい
あなたの
して来たことを

そして
話を聞いて欲しい

どうしてあなたに
そうしなければ
ならなかった訳を

2002年06月14日

*素敵な季節の中で


爽やかな陽射し
爽やかな空気
爽やかな風

冷房も暖房もいらない
優しい季節

何を食べても
美味しくて
何を見ても
美しい

そんな素敵な
季節の中で

これから
必ず訪れる
厳しい寒さを
体が忘れていないから
重い心が同居する

これから
必ず訪れる
今年の終わりを
寂しいと感じてしまう
不安な心も同居する

2002年06月14日

*今日はのんびり


そうだ今日は
仕事はやめて
父と母に会いに行こ
話をいっぱいして来よう
喜ぶ顔を見て来よう

そうだ今日は
何もかも忘れて
「ポチ」お前と遊ぼ
ねぇーポチ河原に行って
風とかけっこして来よう

そうだ今日は
家事はサボって
友達と温泉行こう
ゆっくり浸かって食事して
楽しくおしゃべりして来よう

そうだ今日は
何にもしないで
のんびりテレビとにらめっこ
それに飽きたらウトウトと
素敵な夢を見て眠ろう

2002年06月14日

*あなたの笑顔


息子の部屋の入り口にいつもあなたは座ってたね
「いらっしゃい」と声を掛けると
「こんにちは」って笑顔で答えてくれたでしょ

毎日のように来ていたあなたが突然来なくなって
そして二年ぶりくらいして息子を訪れたあなたは
ずいぶん成長して大人びていたっけ
「よく来たね。おばちゃん嬉しいよ」って言うと
又いつもの笑顔を見せてくれたよね
息子と二人で話をして食事して
その食器を台所まで下げて来てくれたよね
又いつもの笑顔を見せて「美味しかった」って言ってくれたでしょ
帰り際には「又来るから」って言っていたのに

あれから一年ぐらい経ってしまったかしら
その間に息子はあなたに会うこともなく巣立って行ってしまった

あなたは今もあの笑顔のあなたですか?
おばちゃんは出て行った息子の部屋で寝ています
あなたが遊びに来てくれたあの部屋で
あなたが抱っこしてくれた幼い娘と一緒に
もう二度とあなたが訪れることのないあの部屋で
もうずっと変わることのないあなたの笑顔を想い出しながら

2002年06月14日

*私の心の中で


私が中三の時に祖母は亡くなった
祖母はあの時からずっと変わらぬ姿で
私の心の中で生き続けている

亡くなった同級生も
亡くなった同じ会社の人も
亡くなった伯父や伯母も
亡くなった近所のおじいちゃんやおばあちゃんも
亡くなった知り合いの人たちも
亡くなった犬や猫も

みんなみんな変わらぬ姿で
私の心の中で生き続けている

人は死ぬと
人の心の中で生き続けるのだろうか
人の心の中でいつまでもいつまでも
生き続けるのだろうか

生きている人よりも
強く訴えかけて
生きている人よりも
心に深く刻み込まれて

生きている人に苦しみを与える死は
あってはならないけれど
生きている人に悲しみを与える死は
あってほしくはないけれど

私の心の中で
私が生き続ける限り
ずっとずっと生き続けて行く

2002年06月14日

・・☆


   詩の小部屋「風香の詩」

[] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12]


[「風香の詩一覧」全部集めて載せています・・☆]