蝶の舞う丘「ホームページ一覧」 - 詩の小部屋 

風香の詩6のパート9

*心の中

  
私の心の中には
女の私が居て
男みたいな私が居て

私の心の中には
童心のままの私が居て
お年寄りみたいな私も居る

その時々で
いろんな私が
顔出して
私に指示を
するのです

2004年10月20日 21時47分15秒

*大切な今

  
不平不満を
言いたくなりそうな今も
長い人生からすれば
ほんの一時のことで
子供を抱きしめてやれるのも
わずかなことで
子供と一緒に暮らせるのも
一生からすれば
短い期間でしかない

来年の春になったら
娘は出て行く
今のように
毎日一緒に暮らすことは
もうおそらくないだろう
不平不満を言いたくなりそうな今が
どんなに幸せで
一時一時が
どんなに大切なのかは
過ぎてから気が付くのだろうか

2004年10月20日 21時46分28秒

*甘えさせてやろう

  
甘やかすのではない

甘えて来たら

甘えさせてやろう

時期が来たら

ちゃ〜んと

巣立って行けるように

甘えさせてやろう

2004年10月20日 21時45分25秒

*黄信号

  
弱音を
吐きたくなるのは
黄信号
体が参っているなら
ゆっくり休んで
元気になったら
気にもならなく
なることさ

不満を
言いたくなったら
黄信号
やっていることが
多過ぎるなら
もう思い切って
やめてしまう
のもいいさ

2004年10月20日 21時44分35秒

*宙を舞う

  
鳥のように
飛べたらなんて
思ったことは
ないけれど

私の心は
宙を舞う
夢がかなった
喜びで
私は宙を
舞うのです

2004年10月20日 21時43分44秒

*感じた年

  
人に年を尋ねることは

ありません

知りたいと思うことも

ありません

それは

私が感じた年が

あなたの年だからです

2004年10月20日 21時42分43秒

*今の私なら

  
寂しいって
こんなにも
辛いことだったのかって
思い知らされたあの日

寂しさの中で
日が過ぎることだけを
待っていたあの日

今の私なら
何も考えないようにして
夢中になれることを
捜すでしょう
夢中になれることを
するでしょう
今の私なら
きっと

2004年10月20日 21時41分54秒

*本当の年

  
戸籍上の年は
本当の年なんかじゃない

どう生きて来たか
そんなことは
どうでもいい
大切なのは
これから

これから
どう生きて
行くかってこと


どう生きているかが
本当の年

2004年10月20日 21時41分08秒

*またあした

  
新しい
今日を告げてくれた
あなたが
「またあした」と秋色に染めて
帰って行った
私も一緒に
秋色に染まる夕暮れ

あすにはまた
会えるから
「またあした」と言って
私も家路に急ぎます

決して
裏切ることのないあなたに
必ず会えることを
私は知っているから
「またあした」

2004年10月20日 21時39分52秒

*夢見る乙女

  
それは土曜の昼下がり
遠い千葉からやって来た
お花抱えてやって来た

初めて会ったその人は
まるで「夢見る乙女」のよう
少し一緒に居ただけで
ホワ〜〜ンと
その場を和ませて
幸せ色で包みます
あなたは
夢見ている乙女

2004年10月20日 21時38分30秒

・・☆

  
   詩の小部屋「風香の詩」

[] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12]


[「風香の詩一覧」全部集めて載せています・・☆]