蝶の舞う丘「ホームページ一覧」 - 詩の小部屋 

風香の詩9のパート2

*喜ぶ顔

  
あれも
やってみよう
これも
やってみようか

でも
そのことで
悲しい思いをする人が
いたならば
わたしはやはり
やりたくないよ

喜ぶ顔が見たくて
やることだからさ

2006年11月14日 09時58分34秒
*一パーセントの思い

  
心にある
一パーセントの思いを
百パーセントの思いで
語る

だからね
大したこと
ないんだよ

心配は要らない
百パーセントの思いも
そのうち
一パーセントの思いに
変わる
いつもの生活に戻れば
いろんなことが
待っているからね

2006年11月14日 09時59分32秒
*忘れたら消える

  
本当はそういう人では
ないはずなのに
何かの拍子に
豹変することが
あるのです
でもそれは
その人ではありません
あれは夢だと思って
忘れてあげて下さい
あなたが最初に知った
いつもの人が
本当のその人です

忘れたら消える
忘れてあげて下さい
後になって見た
その人に
なってしまわない内に

2006年11月14日 10時00分15秒
*最後には愛

  
聞かれたら

目に映る

そのままを伝える


でも

何を言っても

何を感じても

結局最後には

愛しか

残らない

2006年11月14日 10時00分55秒
*思えばいい





*思えばいい

思っている

だけでいい

いずれ現実のものに

なる日が来るから

思った以上のことが

起こることも

あるから


諦めることなく

ただ

思っていたらいい

2006年11月14日 10時01分46秒
*お付き合い

  
o020 お付き合い


*お付き合い

遠くから

見守るという

お付き合い


陰ながら

応援という

お付き合い


いろいろあって

いいお付き合い

2006年11月14日 10時02分35秒
*元気の気

  
「一年は待てません
グレちゃいます
十日待っても連絡がなければ
警察に捜索願いを
出しますよ・・・。」って
何だか可笑しくて

連絡というのはメールのことで
勿論ただふざけているだけなのに
何気ない言葉に心癒された


出て行ってしまった
私の元気の気が
戻って来たような気がして
慌てて捕まえて
ポケットに仕舞い込んだ
時々取り出して
ちゃ〜〜んとあったぞって
確かめてる自分が
何だか可笑しくて

2006年11月14日 10時03分25秒
*人は

  
内容は
日々に薄れてしまうけど
その時
嬉しかったことや
悲しかったことは
いつまでも残るんだ

人はね
それぞれに
自分の考えを
持っているからね

残るのは
悲しかったこと
嬉しかったこと

2006年11月14日 10時04分05秒
*いつもいい子

  
何年も前の頃の思いを
大きくなった今
ふとした拍子に
聞かせてくれる子どもたち

そのひとつに
「あの時は
ぐれてやろうかと思った」という
忘れられない話がある

半分冗談なのかも
知れないけれど
そんなふうに思っていたとは
考えてもみなかった
そんなに欲しかったなら
「どうしても欲しい」と
そう言ってくれたら
買ってあげたのに
「どうしても」って
言っていなかったから
それでいいんだと
思ってしまった

「いつもいい子」っていうのは
我慢しているものなんだと
今になって初めて
気が付くこと

2006年11月14日 10時04分48秒
*近頃わたし 

  
パソコンに
向かっていると
わたしの頭が喜ぶ
やさしい言葉を
聞いていると
わたしの心が喜ぶ
きれいな空気の中
お散歩をしていると
わたしの体が喜ぶ

近頃わたし
心と体を
喜ばせていない

ちょっと喜ばせに
行って来ますね

2006年11月14日 10時05分33秒

  
   詩の小部屋「風香の詩」

[] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12]


[「風香の詩一覧」全部集めて載せています・・☆]