「風香の詩いろいろ」パート9

9-2.桜咲く頃に〜84.良いのですね ヾ(^- ^〃)   

*桜咲く頃に


k151桜咲く頃に


*桜咲く頃に

それは
遠い遠い日のこと
まだ私が
二十四歳だった春
婚約していた人と
出かけた帰り道
城山の桜を
見て行こうか〜って
二人で見た桜

私の中で
一番美しく咲く
あの桜を越える桜に
いつか会いたいと
思いつつ
年々美しさを増す
あの日の桜と
今もあの日の人といる

*心の叫び


何ともないのに
涙が出るのは
何ともないのに
気が重いのは
そうだ
心の叫びだな

立って歩いて
服を着て
戸籍を持って
生活するようになって
押しつぶされた
私の奥底にある
心の叫び

*ごめんね


そんなに言わなくたって
分かるわよって人と
それは良いとして
断ることも出来ない人
それでも
それでも
ニコニコしていたら
気が付かないじゃない
いいんだ〜って
思っちゃうじゃない
こんな
やさしい人の場合は
こちらの方が
気が付かなくちゃ
いけないんだね
気が付いてあげなきゃ
いけないんだよね
ごめんね

*馬鹿だな


身動きもつかない
そんな
状態の中に居て
また違うことを
始めようとしてる

馬鹿だな〜
本当に
馬鹿なんだから
いつになったら
わかるんだい

こんな毎日
疲れたよって
地球の方は
とっくに根をあげてる

*一パーセントの思い


心にある
一パーセントの思いを
百パーセントの思いで
語る

だからね
大したこと
ないんだよ

心配は要らない
百パーセントの思いも
そのうち
一パーセントの思いに
変わる
いつもの生活に戻れば
いろんなことが
待っているからね

*元気の気


 「一年は待てません
グレちゃいます
十日待っても連絡がなければ
警察に捜索願いを
出しますよ・・・。」って
何だか可笑しくて

連絡というのはメールのことで
勿論ただふざけているだけなのに
何気ない言葉に心癒された


出て行ってしまった
私の元気の気が
戻って来たような気がして
慌てて捕まえて
ポケットに仕舞い込んだ
時々取り出して
ちゃ〜〜んとあったぞって
確かめてる自分が
何だか可笑しくて

*伝言ゲーム


あの人が
あ〜言ってたよ
こ〜言ってたよ
な〜んて
教えてもらっても・・

聞いてすぐに伝える
伝言ゲームでさえ
面白いくらい
間違えてるからね

一番近くに居る人が
そういうことを
言わない人だから
良かったって思う

*平和


E018 平和


*平和

むずしく考えなくて

いいよね

「ありがとう」と

「ごめんね」で

それで

生きていたら

平和なんだよね

*お母さんだから


半ば

諦めて

半ば

愛想尽かして

みんな離れても

親だけはいつも

見ていてくれている

ありがたいね

私も見てる

いつも

お母さんだからね

*ただ祈って


心配しても

心配しなくても

答えが同じなら

ただ 

祈っていましょう

全てをお任せして

ただ

祈っていましょう

*人間は欲張り


k1098 人間は欲張り


*人間は欲張り

抱えきれずに

身動きが

とれない

守るために

心を痛める

人間は

欲張りすぎる

どうせみんな

置いて

いくものなのに

*リフォーム


結婚して一年後
新居である
離れは出来たけど
キッチンとお風呂が
おばあちゃんの居る
母屋にあるから
結局離れ以外は
自由に出来なくて
二十五年経った今
キッチンのリフォーム
おばあちゃんの身長に
合わせて作られた
低い流しから
ようやく開放された
ずっと痛かった首に
「ごめんなさい」
「お疲れ様でした」

*片付け


k1101片付け


*片付け

片付くと

気持ちがいいけれど

何日も何日も

家族の物まで

片付けていると

自分自身も片付けて

しまいたくなるね

あんまり

きちんとしない方が

良いのかも知れないね

少しだらしない位で

丁度いいね

*ず〜っと


ka9 ず〜っと


*ず〜っと

男の人は
夫婦二人三脚でって
思っているのかな
女は違うよ
子どもが自立したら
自由でいたい
いつまでも自立しない
大きな息子の面倒は
もうたくさんなのよ

女はいくつになっても
ときめいていたい
やさしくて
恋人みたいな
旦那様の面倒なら
ず〜っとみてあげても
良いかもね

*自然に任せて


k1092 自然に任せて


*自然に任せて

自分が

やらなければ

だなんて

思うことはない

自然に任せて

生きていたらいい

それだけだ

*十年先の元気


今、一緒懸命
やることも
大事だけれど
あしたの私が
元気であることの方が
大事だよって
思う
十年先の私が
元気であることの方が
大事だよって
思う

十年先のあなたが
元気であることの方が
大事だよ
なんて
ふと
思ったりしてね

*心配はいらない


子どもの頃も
結婚する前も
これから先のことを
不安に思った
しかし過ぎてみると
どうにかなる
そういえば
誰でもやっている
あのおじいさんも
あのおばあさんも
みんなやって来て
今ここにいる
だから心配は
いらないんだって
今になって思う
これから先のことも
子どもたちのことも
心配はいらない

*わかるから


k1096 わかるから


*わかるから

苦労したこと

悲しかったこと

何にも

言わなくたって

いいよ

顔を見れば

声を聞けば

わかるから

何も言わなくても

いいんだよ

*墓場まで


 k1105 墓場まで


*墓場まで

そりゃ〜

言ってしまえば

スッキリするかも

知れないけれど

言われた方は

たまらない

墓場まで

持って行ってと

言いたい

*ありがとうのメール


そろそろ
起きようかな〜
と思う現実と幻の
狭間の中で
今朝も様々な映像が
消えては浮かんだ

いろんな顔が浮かぶ中
あなたの顔で止まって
「ありがとう」と
つぶやいて目が覚めた

早速あなたに
「ありがとう」の
メールを送る
せっかくいい夢を
見ていたのにと
付け加えて

*オフロガワキマシタ


お風呂が沸いた知らせが
鳴り出した時には
もうすでに
上がっていたので
すぐスイッチを切った
にもかかわらず
オフロガワキマシタ
と忠実に
言葉を発してから
スイッチは切れた
機械なのに
なかなかやるな

*良いのですね


自分以外はみんな神様で
いろいろ試して来るんだよね
「アイツは何なんだ」
じゃなくて
全て神様が
試されていらっしゃること
だから
道理に合わないことでも
良いのですね
道理に合わないことを
いっぱい言って来て
試されるんだから
騙されないように
上手に交わすんだよね

「詩の小部屋」から拾い集めた詩を載せています・・☆


  ☆・・「風香の詩いろいろ」・・☆

[1] [2] [3] [3-2] [4] [5] [6] [7] [7-2] [8] [8-2] [9] [10]

[11] [11-2] [12] []


[詩の小部屋トップ]

☆・・次のページもご覧下さい。

ホーム「風香の蝶の舞う丘」へ